なぜ海外ではアートを学んだ経営者はビジネスで成功する確率が高くなるのか?

「現在、会社を経営しているけど、いまいち業績が伸びなくて困っている」

「将来、起業してビジネスで成功したいと思っているけど何を学べばいいかわからない」

経営者という特殊な仕事は誰かから学ぼうとしても答えが無いからなかなか難しい。

ビジネスをする上で必要なスキルがあれば知りたいと考えた事はありませんか?

 

本記事では下記の内容を解説します。

↓↓

■なぜ海外ではアートを学んだ経営者はビジネスで成功する確率が高くなるのか?について解説

なぜ海外ではアートを学んだ経営者はビジネスで成功する確率が高くなるのか?について解説

『アートを学んだクリエイティブ集団は画期的なサービスや商品を生み出しています』

 

iPhoneを創りだしたスティーブ・ジョブズやYOUTUBEを世に広めたチャド・ハーレイは

世の中の仕組みを大きく変えました。

iPhoneの登場によって音楽や動画、カメラ、決済ツールなど

コンピューターそのものがポケットに入るようになることで

生活スタイルそのものが変わり

YOUTUBEの登場によって人々は手軽に動画配信出来て

働き方や情報収集方法を変化させ、メディア業界の仕組みに影響を与えました。

 

このようにアートを学んだ経営者が革新的なアイディアを生み出していて

世界中に影響を与えているのは事実です。

 

では、なぜアートを学んだ経営者は革新的なアイデアを生み出せるのかというと

教育の仕組みが日本と海外とでは大きく違っている事が一番の要因となっています。

 

・日本と海外の教育の仕組み

日本の芸術大学では創作活動においてはレベルの高い作品を

創りだせるようになるまで毎日鍛錬を続けている事で

想像力豊かになり、アートという分野の知識においては

これ以上ないくらいの学ぶ環境が整っていると言えると思います。

 

日本と海外とではレベルの違いは多少あるのかもしれませんが

学生が一生懸命アートと向き合っている熱量に差がある訳ではないでしょう。

 

では何が違うのかというとアートをビジネスに活かす勉強をする環境が

あるのかないのかが大きな違いとなります。

 

学校に通いながら起業や事業をサポートする環境が整っていたり

ビジネスにおける知識も実践を想定して学ぶ事が出来る為

アートを学んだ学生は社会に出ると共にその知識や技術を

ビジネスへと転換して活かす事でクリエイティブな仕事が可能になっています。

 

そもそも日本と海外とでは生まれてから芸術に触れる量が

圧倒的に違う為、アートに対する見え方や思考に違いが出るのは必然だと思いますが

教育においても海外の方が一歩先を進んでいるように感じます。

 

■アートを学ぶ事によるメリットを経営に活かす方法

アートを学ぶ事によるメリットを経営に活かす方法

『アートはビジネスにおいて必須科目です』

 

これからの時代はテクノロジーの発達によって

様々なサービスや作業の効率化が想像している以上のスピードで世の中に浸透していきます。

その環境においてアートはクリエイティブな発想を生み出す為に

必要不可欠な要素として教育の分野で重要な役割を担う分野になります。

 

・アートで右脳をフル活用

右脳と左脳で役割が違う事はご存知かと思います。

右脳は情緒や感覚という部分を担っていて

左脳は言語など論理的に考える部分を担っていると言われています。

 

これまでのビジネスの世界では左脳の能力が優れているビジネスマンが成果を出しやすい世の中でしたが

今後は言語など論理的思考のほとんどをAIが補ってくれるとしたら

左脳の能力が優れていたとしても、AIによって使用できるツールが増えたり代用してくれるのであれば

周りの人と作業効率はそれほど変わらなくなるという現象が起こります。

 

これは今現在もすでに起こっていて、パソコンとインターネットが世に出てから

ものすごいスピードで効率化が進んでいます。

それがこれからさらにスピードが増していくと考えると

左脳ではなく右脳をフル活用出来る人が活躍していく世の中になる事が予想されます。

 

創造力や発想力というものは、常日頃からいろんなものに触れて

考えてインプットしたものを形を変えてアウトプットする事で、その力を養う事ができます。

右脳を鍛える作業を続けてきた人じゃないと考えが固執していまい

クリエイティブなアイデアを生み出しにくい思考になる為

 

自ら考える→考えを形や言葉にする→課題や問題点を改善して再構築する

 

この順番で新しいものを生み出す思考を習慣化出来ている人は

これからのビジネスの世界でも十分活躍していけると思います。

 

物やサービスが一定のレベルを超えて供給過多になっている環境の中

どこで差別化するかというと、固執した物の見方や考え方を一旦排除して

今までにない新しいデザインやジャンルへとシフトする

クリエイティブな発想によって具現化された価値を提供できる経営者が生き残る時代になるでしょう。

芸術の普及に参加してくれる人募集中!!

ObeOlys & coでは芸術家支援

芸術の普及を目的として活動しています!

その活動の一環として置き型絵画インテリア『ロココロ』で

画家の想いを伝え芸術の良さや創作活動への理解を深めて

芸術を通して生活を 心を 豊かにしていただければと思っています!


ロココロについて知りたい方はコチラ

コメント

Comments are closed.