見返りを求めないって難しい

「努力は報われる」ってずっと思っていた。

努力した分報われないと損した気分になったり

努力すれば必ず良い結果になるはずだ!!

なんて願望がどこかしらにあった。

でも

「努力は報われない」

とは言わないが

「努力は報われるなんて考え方はやめたほうが良い」

という事を今回はお話ししていこうと思う。

 

「見返り」を求めるとロクなことがない

見返りを求めるとロクなことがない

そもそも、努力は報われると思っている時点で

その人は「見返り」を求めている。

人は見返りを求めると、だいたいロクなことにならない。

過去を振り返ってみて

「こんなに努力したのに全然成果が出なかった」

「あの人にあれだけ良くしてあげたのに、全くお返しがなかった」

なんて考えたことありませんか?

 

あれだけ時間を費やしたのに・・・

あれだけ努力したのに・・・

結果これだけ・・・

 

って考えると腹が立ちますよね?

最初から人は見返りを求めて行動したとしても

それに見合った見返りがあることなんてほとんどありません。

 

「覚悟」が無いと人にお金を貸してはいけない

お金を貸すのは覚悟が必要

以前、「あの人に10万円貸したのに返ってこない」とぼやいてる人がいました。

人にお金を貸す時とかは特に覚悟をもって貸すべきだと思う。

「お金」は人の冷静さを失わせる力がある。

 

そもそも10万円なんて大金を貸してほしいって人にお願いする事自体

相当な勇気がないとできないと思う。

借金があったり、急遽まとまったお金がいるといった

緊急性が伴う背景があるからお願いしていると思うんです。

それを相談された側は、そのお金は返ってこない事を前提に

「覚悟」を決めて渡さないといけないと思いますね。

別に返さない側の肩をもっているわけではなくて(返さないのはダメだと思う)

貸す側も考え方を変えないといけないといった話です。

もう返ってこなくてもいいから、

この人にだったら10万円貸しても惜しくないと思える人じゃないと

貸してはいけないと思う。

見返りを求めずに、

「素直にその人が困っているから」だったり

「誰かの役に立つから努力をした」だったり

それだけで行動できる人の方が魅力的ではないだろうか?

その行動によって「信頼を貯蓄」していくだけで素敵な人間になれると思います。

 

考え方を変えて感情をコントロール

考え方を変えて感情をコントロール

まぁ僕が考えて話している風に書いてきましたが

とあるお笑い芸人さんがそんな事を言っていて、「確かに!」と思ったので記事にしてみました。

いろんな経験をしてきた中で同じ体験をした人もいると思う。

 

やっぱり生きていたら相手の行動で腹を立てることもあるが

そもそもの考え方を変えて接するだけで自分の感情をコントロールできたり

相手の反応が変わったりするので、共感できた人は今から取り入れてみてください。

芸術の普及に参加してくれる人募集中!!

ObeOlys & coでは芸術家支援

芸術の普及を目的として活動しています!

その活動の一環として置き型絵画インテリア『ロココロ』で

画家の想いを伝え芸術の良さや創作活動への理解を深めて

芸術を通して生活を 心を 豊かにしていただければと思っています!


ロココロについて知りたい方はコチラ