起業家は仕事のスピードが速い人が9割

起業家は「起業家になったから仕事のスピードが速くなった」のではなく

「仕事のスピードが速いから起業家になる事ができた」人が多い。

 

起業家はアイデアを形にするのが仕事だ。

そのアイデアを生み出す為には日ごろからアンテナを張り、いろんな事を考えなくてはならない。

そのプロセスの中で「仕事のスピードが速い」という事が非常に大きく関係しているのだ。

 

■スピードが速い事に慣れるメリット

高速道路を車で運転していて時速80キロに慣れてしまうと

一般道に出た時に時速60キロが遅く感じた経験はないだろうか?

教習所に通っている時は時速40キロでも速いと感じていたのに

一度時速80キロを経験してしまうと景色がゆっくりと見れるようになる。

 

また、速聴というのをした事がある人は共感してもらえると思うが

通常のスピードよりも2倍、3倍の速度で音声を聞いていると

その速さについていこうとして理解するように脳がフル回転する。

その状態に慣れてくると通常の会話のスピードに戻った時に

いつも聞いている言葉の速さが遅く感じると共に容易に理解できるようになるのだ。

スピード

■起業家はこの法則を利用している

普段からいろんな事を同時に考えて処理している人は

脳をフル回転させる事になれているから、

一旦仕事から離れてプライベートなどでリラックスするような場面になった時に

普段酷使している脳に余裕が出来て良いアイデアが出やすくなる。

 

良いアイデアが出る時というのは、一般的にリラックスしている時が多い。

よく小説家など筆が止まってしまうと気分転換に散歩に出かける。

そうすると、ふと物語の続きで良いアイデアが浮かんだりするそうだ。

 

そうした環境を自分自身で意識して行動できている人ほど良いアイデアが生まれやすい。

そして、そのアイデアを形にする行動力さえあれば、それだけで起業できてしまう。

こうした理由から起業家には仕事のスピードが速い人が多いのだ。

散歩

■人は環境に慣れる生き物

起業家を目指しているあなたは、常日ごろから通常よりも速いスピードを意識して行動する事と

そうした環境を自ら作り出す努力が必要になってくる。

 

YOUTUBEを観る時も速さを調整できる機能があるから必ずそれを利用したり、

Audible(オーディブル)という本を「朗読」してくれるアプリで、

2倍や3倍速で聴く習慣をつけるだけで日常会話の理解度は飛躍的にアップするだろう。

 

常に速い環境を作りその中で成長させる事ができれば

良いアイデアも浮かびやすく、それをもとに起業家になれる可能性が高くなる。

 

起業家になるヒントの一つとして参考にしてみてください。

芸術の普及に参加してくれる人募集中!!

ObeOlys & coでは芸術家支援

芸術の普及を目的として活動しています!

その活動の一環として置き型絵画インテリア『ロココロ』で

画家の想いを伝え芸術の良さや創作活動への理解を深めて

芸術を通して生活を 心を 豊かにしていただければと思っています!


ロココロについて知りたい方はコチラ