計算高い人ほどモテる

計算高い人というのは一般的にあまり良い印象が無い。

「あの人計算高いよね」という言葉は明らかにその人に対してマイナスの発言と取れる。

普通計算高い人は嫌われる印象があるが、本当に計算高い人は計算高い事を周りに気付かれない。

逆に人から好かれる存在になる。

そういう人は自分の周りの人に対してしっかりとした基準を持って接している。

今回はその基準について話ていこうと思う。

 

■信頼の残高を見極める

人から好かれる為にはコミュニケーションが大切。

自分の周りの人達に対して、しっかりとコミュニケーションを取っているからこそ相手はそれに応えてくれる。

計算高い人は、そのコミュニケーションを取る中で相手の中に

「信頼を貯蓄」していくと共に「信頼の残高」がどれくらいあるのか

また、どれくらい残高があればいいのかといった基準をしっかり持っているのだ。

 

基本的にこういう人はまず最初に相手にメリットのある話など自分の事を好きになってもらおうと

信頼を貯蓄していく事から始める。

人間の心理として「良くしてくれた相手には何かお返ししたくなる」といった気持ちが働き

実際にそのお返しを行動に移す人もいれば移さない人もいるのだが

移してくれたら自分にとって嬉しい事を相手はしてくれるし

移してくれなかったとしても信頼が貯蓄されていく。

残高

一番最初に信頼を貯蓄する行動に時間を費やす事で良い人間関係を築くことができ

仕事もプライベートも上手く回るようになる。

 

■残高があればある程ミスが許される

残高を貯めるもう一つの理由が何か失敗した時など、いざという時に許してもらえるからというメリットがある。

「○○さんにはいつも良くしてもらっているから、今回のミスは水に流すよ」

ある程度のミスをしても、こんな言葉をかけてくれるようになる。

 

当然、相手に対して不利益な事をしているのだから良い気はしない。

その人の信頼の残高は減ってしまう。

だが、計算高い人はこの残高を把握する基準をしっかり持っている為

「あの人は今これくらいの残高だから、信頼を貯蓄する必要があるな」といった感じで

減った分を補う事を忘れない。

 

それを繰り返していけば持ちつ持たれつの関係を永遠に構築する事ができる。

 

計算高い

■計算高いは悪い意味では無い

一般的に「計算高い人=信用できない」といった感覚があり

本心で自分と向き合ってくれていないような印象があるが

実は一番相手の事を思いながら行動できる人だと僕は思っている。

 

自分にとっても相手にとっても人と人との繋がりや関係は良くしたいと思っていて

嫌な事がある度にその人の事を嫌いになったり、気持ちが落ち込んでしまうと

それだけでマイナスな方向に傾いてしまう事は多々ある。

でも、それを随時修正する事で気持ちの良い付き合い方ができて

お互いにとって安定的な関係を築くことに繋がるのは誰もが望んでいるはず。

 

ただ時間が無かったり面倒臭かったりといった理由でないがしろにしてしまう人が多いから

これだけ人間関係で悩む人が多いのだと思う。

計算高いというと言葉が悪いかもしれないが、しっかりと相手との距離を計算して行動できる人こそ

一番相手の事を考えているのではないだろうか。

 

計算高く生きる事は人から好かれる人生を選ぶという事。

あまりにもあからさまに嫌味な感じで恩を売っていると本当に嫌われてしまうが

その恩を売る行為も自然に出来る人になる事を目指して実現できれば

今よりももっと楽しい人生を送る事ができると思う。

芸術の普及に参加してくれる人募集中!!

ObeOlys & coでは芸術家支援

芸術の普及を目的として活動しています!

その活動の一環として置き型絵画インテリア『ロココロ』で

画家の想いを伝え芸術の良さや創作活動への理解を深めて

芸術を通して生活を 心を 豊かにしていただければと思っています!


ロココロについて知りたい方はコチラ