大成功する可能性があるのに途中で諦めてしまう理由

目の前にある壁を叩いて壊そうとしてもなかなか壊れない状況で

100200回とチャレンジしても壊れる気配が無い。

でもその壁は300回叩けば壊れるようになっていて

その事を知らずに叩いている人は200回を超えた段階で諦めてしまった。

 

このようにたいていの人は成果が出ない状況に我慢出来ず途中で諦めてしまう。

 

マラソンのように折り返し地点が分かれば残りの力を振り絞って前に進む事が出来るが

もし、ゴールがどれくらいの距離にあって、今自分がどの位置まで来ているのか

分からない状況だったら完走できる人は一気に少なくなるだろう。

 

人はゴールがあるから頑張る事が出来るし、前に進む事が出来る。

 

■ビジネスの成功には答えが無い

ビジネスの成功には答えが無い

ビジネスで成功しようと思った時にほとんどの場合

努力を積み重ねている段階では成果は出る事は無い。

 

全ての準備が整いきっかけ一つで大きく飛躍するようになっている。

その跳ね返りが大きい分、そこまでの反応が無いと思えば我慢できるのかもしれないが

ビジネスには正解が無いから、正しい努力を積み重ねられていないと

自分自身を疑い始めてしまう傾向がある。

 

結果として目の前まで成功のタイミングが来ていたとしても

それを分からないが為に途中で諦めて全てが水の泡になってしまう。

 

ビジネスで成功しようとした時に努力の方向を正しく導いてくれるメンターの役割は大きい。

自分自身を洗脳出来る人であればいいのだが

多くの人はメンタルが弱く目移りしやすい。

最初から最後まで一貫性があり、正しい道への軌道修正をしてくれる

存在がいるかいないかでスタートする段階では成功する確率がかなり変わってくる。

 

最初は多少時間や労力がかかってもいいから

信頼できるメンターに出会う努力をおすすめする。

 

今はSNSですぐに人と繋がる事が出来る時代。

それを利用して人と会う事はそれほど難しいことではない。

 

■「楽しい」と思える原動力を見つける

「楽しい」と思える原動力を見つける

多くの成功者は最初から絶対に成功すると分かっている人はほとんどいない。

どれだけ優れた経営者であったとしても、数多くの失敗を重ねている。

 

そんな人達の成功する共通点は「楽しい」と思える原動力を見つける事が

出来るかどうかはかなり重要になってくる。

 

YOUTUBEで成功しているヒカキンは最初からYOUTUBE

今のように稼げると思ってやっていたかというとそうではない。

「なんとなく良いかもしれない」と思ってひたすら動画アップし続けた結果

時代の流れの助けもあってヒットしたのだ。

そしてYOUTUBEに動画をアップし続けるという「楽しみ」を

収入が0の状態でも見つけ出して原動力に変えた事が成功へと繋がっている。

 

時代の先駆者達はこうした「楽しみ」を自分の中で創りだすのが上手い。

未来を想像し、今を楽しむ。

成功を掴む為には時間がかかり、寸前になっても見えない事を知っている人が

大成功を収める人としての前提条件なのだ。

芸術の普及に参加してくれる人募集中!!

ObeOlys & coでは芸術家支援

芸術の普及を目的として活動しています!

その活動の一環として置き型絵画インテリア『ロココロ』で

画家の想いを伝え芸術の良さや創作活動への理解を深めて

芸術を通して生活を 心を 豊かにしていただければと思っています!


ロココロについて知りたい方はコチラ