今かっぱ寿司がすごい!V字回復を目指した徹底的顧客目線

回転すしチェーン店の競争は激しく、スシローをトップにくら寿司、はま寿司、かっぱ寿司

その他にもたくさんの会社が切磋琢磨しながら多店舗との差別化を図り

売上をアップの為に知恵を絞りながら努力を重ねている。

 

お客様に価値あるサービスを提供し続けないと生き残れないこの業界では

少しでも気を抜いてしまうと一気に客離れが起こってしまうほど

お客様がお店に求めるクオリティは高くなっている為

新商品の開発やサービスの改善を月に何回も繰り返していかないと

すぐ他店舗に差をつけられてしまうだろう。

 

そんな中、かっぱ寿司の起死回生を狙った取り組みが注目を集めている。

かっぱ寿司の印象を聞くと人それぞれかもしれないが

おそらく多くの人はスシローやくら寿司と比べるとネタもサービスも劣っていると感じていたに違いない。

それがここ数年で売上を大きく伸ばし、かっぱ寿司が昔とは違う客が増え始めたのだ。

 

V字回復を目指した徹底的顧客目線の商品開発やサービスとはどのようなものなのか。

今かっぱ寿司がすごい!と言われるようになった背景について話していきたいと思う。

 

■かっぱ寿司の新しい改革

かっぱ寿司の新しい改革

昔は安くて質が悪い事が当たり前だった。

安い金額だからネタが新鮮じゃなかったり、サービスが悪くても安いんだから仕方がない。

そんな価値観から180度変わり「今は安くても美味しい」「安くてもサービスが良い」

お客様に合わせてほとんどのお店のクオリティが高くなった今

安くて質が悪いお店はすぐに潰れてしまう。

 

時代の流れについていけなかったかっぱ寿司の売上は年々下がっていった。

安くて質が悪いイメージがついてしまい、かっぱ寿司はもうダメだろうなと諦めていた人も多いと思う。

 

そんなかっぱ寿司は復活する為に、ここにきて多くの改善とキャンペーンを打ち出し始めた。

 

その内容についてまとめてみた。

 

・品質の改善

今まで自社工場で加工していた商品を店内で加工するように移行することで

まずいと言われていた環境から明らかに美味しいお寿司を提供出来るレベルにまで上げた。

食べ物を提供しているお店として最も大切な「味」の改善は最重要事項であり

それを他店舗と同じレベルにまで上げる事に成功したのだ。

 

・食べ放題

今まで寿司業界では不可能と言われていた「お寿司食べ放題」というサービスを提供し始めた。

14時~17時までの時間で、60分食べ放題。

料金は男性1580円、女性1480円、小学生780円、小学生以下無料という

十分に元を取れる仕組みになっている。

 

確実に売上が下がるこの時間帯に打ち出したサービスは

話題性と売上アップには十分な効果を発揮した。

 

これで来店数が増えた事によって、今まで「まずい」と思っていた印象から「思っていたよりも美味しい」と

かっぱ寿司の印象が変わった人も増加した。

 

1貫から注文可能

通常お寿司は一皿2貫で提供している。

それを1貫から注文可能にする事でいろんな味を楽しめるのと同時に

150円という値段はさらに安さを強調する事となった。

特に女性やお子様といった量を求めない客層にはこれ以上嬉しいサービスは無い。

 

・お子様メニューの充実

生物が食べられない小さいお子様でも食べられる料理を数多くメニューに取り入れることで

ファミリー層へアピールする事に成功した。

ハンバーグやエビフライ、ソーセージはもちろん、離乳食もメニューに入っているから驚きだ。

特にハンバーグは定番のデミグラスソースからトリュフ風味のソースといった

大人向けの商品も提供するなど、大人から子供まで楽しめるよう工夫している。

 

16時~19時まで生ビール100

通常380円の生ビールが16時~19時までなんと100円。

これも客足が少なくなる時間帯を狙うと同時に夜のピークに繋がる時間帯に被せることで

このキャンペーンを知ってもらいやすくしている。

これは夏だけの期間限定キャンペーンだが、ビール好きの客層にはたまらないサービスだろう。

 

■行動が結果を生む

行動が結果を生む

競争率が激しい業界では守りに入った時点で負けが決定する。

かっぱ寿司もその一途を辿るかのように思えたが、ここにきて数多くの他店舗に無いサービスを打ち出してきた。

CMでも吹石一恵という大女優を起用するなど今までのかっぱ寿司のイメージを一新する為に

崖っぷちを逆手に取った内容で話題になった。

 

まだまだかっぱ寿司は世間からしてみると、あまり美味しくないイメージが先行しているかもしれないが

メディアなどでも取り上げられる回数が増えてきたこともあり

このままいけばイメージが回復するのも時間の問題だろう。

 

ここでさらなる勝負に出て、他の店舗との違いを明確にすれば一気に差別化を図る事が出来る。

 

かっぱ寿司のように業績が低迷したとしても、

アイデアやサービスを改善すれば必ず勝機が見えてくる。

攻めの姿勢を崩さずにチャレンジしていく姿こそがビジネスの本質であり

生き残る為の唯一の手段だという事をこれから証明してくれる事を期待しながら

今後のかっぱ寿司の躍進をみていきたいと思う。

芸術の普及に参加してくれる人募集中!!

ObeOlys & coでは芸術家支援

芸術の普及を目的として活動しています!

その活動の一環として置き型絵画インテリア『ロココロ』で

画家の想いを伝え芸術の良さや創作活動への理解を深めて

芸術を通して生活を 心を 豊かにしていただければと思っています!


ロココロについて知りたい方はコチラ