仕事関連

単純作業と複雑作業を使い分けると効率がアップする

単純作業を続けていると眠たくなってきたり

身体を大きく動かしている訳では無いのに

いつもより疲労が溜まったりした経験は無いだろうか。

 

また、複雑で頭を使う作業をしていると

アイデアが思い浮かばなくなって煮詰まってしまったり

答えまで辿り着けずにただ時間だけが過ぎてしまう経験は無いだろうか。

 

脳は同じ作業を続けていると同じ部分ばかりを使ってしまい

作業効率が大幅に下がってしまう。

 

筋トレをした事がある人は分かるかもしれないが

ずっと腕立て伏せをし続ける事は出来ない。

腕立ての後は足の筋力を鍛えるトレーニングや腹筋を鍛えるトレーニングなど

一つの部分を集中的に鍛えてから次に移らないと効率が悪くなってしまう。

 

脳もこれと同じ現象が起こる為

集中力を保ちながら長時間作業を続ける為には工夫が必要になってくる。

続きを読む

就職活動の準備は不必要? ~目的意識が変われば行動が変わる~

就職活動は筆記試験や面接など日常生活で必要なスキルとは別のスキルを求められる。

 

筆記試験では学校のテストで出てくるような問題では無く

時事問題や当たり前に知っていなければならない事だけど

いざ問いかけられると意外と答えられない事など間違えてはいけない問題が多い。

 

面接では人前で話すという日本人が最も苦手とするスピーチに近い形で

面接官に対してアピールをしなければならない。

集団面接になると多数の人達に聞かれる恥ずかしさとプレッシャーで

考えていた事が上手く言えなかったり、予想外の質問をされると頭が真っ白になるなど

その時の瞬発力が求められ、人間力を試される場となる。

 

■内定が決まる人と決まらない人

内定が決まる人と決まらない人

就職活動をしていると就職がすぐに決まる人と

まったく決まらない人の2パターンに分かれる事が多く

すぐに決まれば余計な事は考えずに残りの学生生活を楽しめるが

周りの人がどんどん就職が決まっている中

自分一人だけが就職が決まらない状況になるとかなり辛い。

 

僕も就職がなかなか決まらなかった中の一人で

まわりがどんどん大手の会社に内定をもらっている報告を聴いて焦っていたのを覚えている。

そして意外にも内定を早い段階からもらっている人ほど

就職活動の準備や行動を真剣に行っておらず

就職活動の準備や行動を真剣に行っている人ほど、なかなか内定を貰えていなかった。

 

この時は疑問に感じながらもなんとか内定を貰う事ができ社会人として働く中で忘れていたが

会社で役職が付く年齢になり、いざ自分自身が面接する立場になって

就職活動で採用したいと思える人とそうでない人の違いが少しずつ分かるようになった。

 

就職活動はある程度準備は必要だと思うが

それ以上に必要な事があり、単純にそれが出来ている人と出来ていない人との差が

内定をすぐ貰える人と貰えない人との違いだという事に気付いたのだ。

 

■大人は簡単に見抜いてくる

大人は簡単に見抜いてくる

面接官に認めてもらえるように質問に対して

普段の自分よりも良い自分を魅せようとすればするほど

話している本人は普段の自分とのギャップを無意識のうちに感じてしまっている。

 

そうすると、言霊というように魂が入っていない言葉では

相手の芯の部分で受け止めてもらう事が出来ず

お互いに理解し合えない状態のまま面接が終わってしまう。

 

そんな嘘をついている訳では無いが、自分を良く魅せようと話している人は

相手に何を話しても伝わらず、聴いている側も簡単にそれに気付くのだ。

 

自分の経験から出た実際の体験談や日常疑問に感じている事など

心から思っている事は声に芯が通っていて相手に伝わる量が格段にアップする。

学生時代は未熟だから、相手を騙すとまでは言わないが

みせかけの自分をアピール出来ると思い込んでいる人は面接に受かる確率は低い。

 

■就職活動をしてきた人を企業はほしい訳じゃない

就職活動をしてきた人を企業はほしい訳じゃない

就職活動を一生懸命していても面接に受かる確率はさほど上がらない。

場慣れして本来の力を発揮できるようになるのかもしれないが

その時のコンディションで流暢に話せたり、相手の面接官が話しやすかったりなど

外的要因に頼らざるを終えなくなる。

 

ここは本当の意味での地力の差が生まれる場面となり

今まで培ってきた自分の努力量が圧倒的に表に出てしまう。

 

今まで何か一つでもいいから人よりも倍以上の努力をしたことがあるか?

多くの人達とコミュニケーションを取る中で考えて行動出来ていたか?

勉強という分野においてどのような価値観を持っていたのか?

 

これらが日常をどれだけ精一杯生きてきたかを表す指標となる。

人よりも面白いエピソードを話せるようにならなくてはならない訳では無く

人と同じでも心から自分が感じている本当の自分について話せるようにならなくてはならない。

それは日常生活を適当に過ごしてきた人とそうでない人とでは

言葉の重みも違えば説得力も違ってくる。

 

就職活動をして初めて自分と向き合っても

生まれてから大きくなるまでずっと自分と向き合ってきた人には到底勝てない。

 

就職活動をしていて内定を貰える人と貰えない人の差はそこにあるのだ。

まだ価値が無い物に価値をつける事がビジネスの本質

いつの時代でも革新的なアイデアで世界に革命を起こしてきた人達は

まだ世に出ていない新しいアイデアや商品

もしくは世の中に既に認知されているが価値を知られていない物

このどちらかを世界中に発信した事で世界を変えてきた。

 

世に出ていない新しいアイデアや商品は

飛行機やインターネット、アイフォンなど

最初は実現不可能だと思われている物が多い。

 

また、世の中に既に認知されているが価値を知られていない物は

フェイスブックやツイッター、インスタグラムというSNS

その当時のテクノロジーだと難しい構造では無かったが

人々の欲求にフォーカスして価値を生み出した仕組みだと言える。

 

このどちらにも共通している事が

「まだ価値が無い物に価値をつける」というビジネスの本質を捉えているという事だ。

 

物が飽和しているこの時代にどんなビジネスがこれから必要になってくるのか

時代の先を読み行動する為に、どの方向へ進めばいいのかについて考察していきたいと思う。

続きを読む

効率良く仕事をしている人と非効率に仕事をしている人はココが違う ~評価される人の働き方~

効率の良し悪しは何で決まるのだろうか?

仕事をしていてそんな事を考えた事はないだろうか。

 

同じように仕事をしているのにどうしても差が開いてしまう。

スタートが同じでも効率よく仕事をしている人は

最終的に同僚や上司に評価され

非効率な人は同じ仕事量をしていても評価が低くなってしまう。

 

仕事をする上で効率を良くする事は生産性が高く費用対効果が良いと見られ

逆に非効率だと生産性が低く費用対効果が悪いと判断されてしまうのだ。

 

社会は仕事が出来る人と出来ない人を比べた時に

基準を出来る人に合わせる傾向がある。

それは当たり前の事であり、フリーランスで自由に働いている人じゃない限り

永遠につきまとってくる課題でもある。

 

じゃあ効率良く仕事をする為にはどうしたらいいのか。

今回は評価される人の働き方について説明していきたいと思う。

続きを読む

いい人過ぎると人生損をする ~一目置かれる為に必要な3つの行動~

あなたの周りにいい人過ぎて人生損しているなと思う人はいるだろうか。

もしくは自分自身一目置かれる存在になりたいのに

ついつい周りに流されてしまっていたり

雑に扱われていると感じることはないだろうか。

 

コミュニティの中で特別な存在になれる人はほんの一握りで

実際に世の中の半分以上の人達はこうした悩みを抱えている。

 

「相手に嫌われたくない」「いい人だと思われたい」

そんな感情から生まれる行動には

良い効果を発揮する反面、その倍以上悪い効果を発揮してしまう場合があり

いい人を演じる事で一時的に高揚感を得られたとしても

長期的に見た時に損をしてしまっている人は意外と多いのだ。

 

今回はそんないい人過ぎて損をしてしまっている人達が

一目置かれる存在になる為に必要な3つの行動について説明していきたいと思う。

続きを読む

 ~心と行動相手に想いを伝えたいと言葉を一致させて伝わる話し方を手に入れる方法~

人前で何かを話す時は誰でも、普段から感じている事を上手く話したいと思っている。

普段ネガティブな人も人前で話す時はポジティブな発言になり

一生懸命相手に想いを伝えようと頑張って話そうとする。

 

でも、上手く伝わらなくて納得している表情じゃなかったり

無表情で聴かれたりするとだんだん話している途中から不安になるといった

そんな経験をしたことが誰でも1回はあるのではないだろうか。

 

一緒に働いている同僚、部下、上司に元気になってもらいたい

初めて会った人達でも、自分の話を聴いて前向きになってほしい

子供達に自分が話す事で楽しい時間を過ごしてほしい

 

そうした様々な想いは100%相手に届いているだろうか?

 

もっと上手く話したかったのに…

あの時こう言えばよかった…

 

相手に伝える事は、簡単そうに見えてすごく難しい。

人前で話すと緊張もするし、いつも感じている事でも伝え方一つで

まったく違う伝わり方をしてしまう。

 

今回は相手に自分が想っている事を「伝える」為に

重要な事について説明していきたいと思う。

続きを読む

仕事をゲーム感覚で行うと作業効率が上がる

日々の業務や頼まれた仕事を始めようとしても

なかなか手がつけられなかったり

別の事に気を取られて結局先延ばしになってしまったことはないだろうか。

 

スタートが遅くなると全ての作業が遅れてしまう。

その最初の一歩が踏み出せずに損をする人は意外とたくさんいる。

 

いざ、やってみると思っていたよりも短い時間で

案外すんなり終わるなんてことはよくあること。

 

そんな最初のスタートをスムーズにする為に

仕事をゲーム感覚で行う方法がある。

 

ゲームアプリをした事がある人なら分かるかも知れないが

ただひたすら点数を取る為に黙々と同じ作業を

飽きることなくしている時間があると思う。

あの時の集中力を仕事に活かせたらいいのに…

そう考える人は多いのではないだろうか。

 

仕事をゲームのように出来る方法を身につければ作業効率が上がり

自由な時間が増え、人生への満足度がアップする。

続きを読む

ビジネスで成功する為のメンタル管理術 ~メンタルを強化して心を安定を取り戻す~

ビジネスを始めるとメンタルが不安定になることがたくさんある。

 

それは単純にお金が足りなくなって不安になる時もあるし

人間関係でストレスを抱えてしまうこともある

うまくいかずに悩んでしまう事は起業家じゃなくてもあるのだが

おそらく普通にサラリーマンをしている人と比べると

ビジネスをしている人の方が何倍もストレスを感じているだろう。

 

それは一日一日、一つ一つの行動で人生を大きく左右する決断をする回数が

サラリーマンより圧倒的に多いからだ。

毎日ルーチン化された業務をこなす事も辛いが

自らの選択一つで会社の存続が決まるプレッシャーは相当なもの。

 

そんな起業家、経営者、管理職の人達はメンタルの安定を手に入れる事が

成功を掴む為に最も重要になってくる。

今回はメンタルを強化して心の安定を取り戻す方法について説明していきたいと思う。

続きを読む

話が長い人は嫌われる ~話し方を変えて人に魅力度をアップさせる方法~

会社でもプライベートでも一緒にいて居心地の良い人と悪い人がいる。

 

それは好みもあれば、その時の自分や相手のメンタルの状態など

いろんな要因はあるかもしれないが

ほぼ90%以上の人に嫌われるタイプが話が長い人だ。

 

話が長くても勉強になったり、魅力的なワクワクするような話し方を

してくれる人であればいいのだが

単純に結論に達するまでに同じ事を繰り返すだけの

長話をするだけだと話している本人は気持ちいいのかもしれないが

聴いている側は苦痛な時間でしか無い。

 

多くの人は意外と気付かないうちに

長話で相手を退屈させてしまっている。

そんな人にならない為に今回は

嫌われる話し方をしている人の特徴についてまとめてみた。

続きを読む

出世する人がしているたった2つの行動 ~固定観念を捨てて理想の未来を手に入れる~

社会に出ると出世する人と出世しない人とで二分化される。

当然、頭が良くて能力がある人間が出世している事が多いのかもしれないが

そうではないパターンも存在してる。

 

子供の頃から頭が良くなくても

いつもクラスの中心にいてリーダー的存在として

周りの人達を引っ張っていく人がいたと思う。

中学や高校で部活をしていると

補欠でキャプテンをしているような人も同じような部類になる。

 

実力が無いとまでは言わないが

明らかに能力として劣っているのにも関わらず

いつも輪の中心にいて頼られる人を実際に目にしたことがあるだろう。

 

そうした人は社会に出ても出世して人望も厚かったりする。

 

そんな能力が特別高く無くても出世できる人は

他の人と何が違うのか。

今回は出世する人がしているたった2つの行動について説明していきたいと思う。

続きを読む