成功・幸せになる方法

『器が小さい男』の18の特徴を知れば『器の大きい男』に近づける

あなたの周りに器が小さい男はいませんか?

普段は普通の人だったとしても、たった一つの行動や言動で

「器が小さい男」と思われてしまう。

 

男性に生まれてくれば誰もが器が大きいと思われたいもの。

器なんて小さくてもいいから自由に生きたいなんて人は少ないと思います。

それにも関わらず器が小さいと思われる男が多いのは

器が小さいと思われる行動を知らないからです。

その行動が分かっていたら、その逆をすれば器が大きい男だと思われるという事。

 

今回は器が大きくなる為に器が小さいと思われる行動をまとめてみました。

続きを読む

プログラミングを学びシステムエンジニアになる為のおすすめプログラミングスクール3選

2020年以降、IT業界が大きく変化すると言われています。

インターネット環境が4Gから5Gになり通信状況の上限が無くなることによって

youtubeなどの動画を配信しているコンテンツが伸びていきます。

 

また、AIが普及していく事で衰退していく業界が増えていき

生産性が上がる分、人間が働く環境は激減していくと思われます。

そんな時代が大きく変わる真っ只中にいる私達は

その流れに合わせて働き方を変えていかないと

将来職が無くなる事も可能背としては0ではありません。

 

2019年の今ですら大手企業が45歳以上のリストラを発表するなど

今まで良い大学を出て、大手企業に就職して、良い給料をもらって定年退職するといった

安心安全な人生設計プランは完全に崩壊しているのです。

続きを読む

焦りや嫉妬が原動力になる ~周りを見て足りない自分を見つけ続ける~

焦りや嫉妬という感情はけして悪い感情ではない。

周りの人を見て焦ったり、羨ましいと思って嫉妬する事で行動を促す原動力になる。

 

逆に全員が同じ能力で同じ給料など、足並みが揃っているとしたら

人は努力せずに現状維持を続けながら、

毎日をただ何も考える事なく過ごしていく事になるだろう。

 

ただ、焦りや嫉妬を感じている時は

マイナスな感情に支配されていて

どうしてもポジティブな感情で前に向く事が出来ないし

仕事に対して手がつかずに作業が止まってしまう事は多々ある。

 

焦りや嫉妬という感情はマイナスな方向へと傾きかねない。

今回は感情を上手くコントロールして

プラスの方向へ転換する方法について説明していきたいと思う。

続きを読む

思考は現実化する ~狂ったくらい考え続ける~

ナポレオン・ヒルの有名な本で「思考は現実化する」という有名な言葉がある。

実現したい夢や目標は実現する事が出来るというが

実際はそんなに甘い話では無い。

 

思った事が全て叶うのであれば苦労をする人なんていない。

どうせ実現出来た優秀な人の言葉だから凡人には難しいと考えてしまう人も多いだろう。

疑いの目で見てしまうのは当然で

世の中の半分以上の人は思い通りの人生を送れていないのが真実。

これを読んでいるあなた自身も完璧な人生だと胸を張って言えるか考えてみてほしい。

 

だが、ナポレオン・ヒルは嘘でまかせの言葉を世に広めたかった訳では無い。

実際にこの言葉は人間の本質的な部分を突き詰めていくと

あながち間違っていない事に気付く事が出来る。

 

思考するとは思い考える事。

 

人は一日の中でどれだけ真剣に自分の人生について考えているだろうか。

やりたい事や実現したい未来について思い悩んでいるだろうか。

本当に叶えたい夢を手に入れる為に尋常じゃなく狂ったくらいに考え続けて初めて

思考は現実化する。

 

■熱意を持てることじゃないと意味がない

熱意を持てることじゃないと意味がない

胸が熱くなるくらいに行動意欲がかきたてられた事が

人生の中で1度は経験したことがあると思う。

 

付き合いたい異性に出会って告白をする時や

大切な家族や友人の事を助けてあげたいと思った時

そんな熱意を持っている状態じゃないと自ら行動なんて出来ないし

長く継続する事なんて不可能に近い。

 

熱意を持つ事は容易ではないし

熱意を持てる事を見つける事すら難しい人はたくさんいる。

 

だからこそ、胸が熱くなるくらいに熱中できる何かを持っている人は

どんなスキルよりも重要なスキルを持っていると言ってもいい。

熱意があるという事は、それだけその事について長く深く考えられるという事に繋がる。

 

成功者には我慢を続けて成功しているよりも

楽しみながら時間を忘れて一つの事に没頭した人が成功している確率の方が高い。

 

夢を持っている人は、まずその夢に胸が熱くなるかを

自分自身に問いかけてみることが大切。

 

■具体的にイメージ出来る事が実現する

具体的にイメージ出来る事が実現する

具体的に目的に向かってステップアップしていくイメージが出来ていないと

夢や目標を達成する事は出来ない。

 

具体的なイメージとは、成功への道筋や方法が明確であり

最終的にどの手順で進んで行けば夢や目標を実現出来るという

図が頭の中で想い描く事が出来ている状態だ。

 

会社を0から作る創業者はこの過程を考えずに

見切り発車で行動してしまうと失敗に終わってしまう確率が高くなる。

「会社は出来る前から出来上がっている」

と言われるように創業する前の段階から成功の有無がはっきりしている。

 

考え過ぎて行動出来なくなると成功への道は閉ざされてしまうが

考えずに行動してしまう事程愚かな事は無い。

 

まずはしっかりと計画を立てて行動に移す事が基本となる。

 

このように自ら考えて、その考えた事に熱意を持って、目的に向かって行動する。

そうすれば思考は現実化して思い通りの人生を歩む事が出来る。

 

この言葉は成功する為に必要な部分を要約して

本質の部分を伝えていると言える。

世の中の成功者は喋りが上手い ~考えた事を相手に伝える技術を身につける~

世界を変えてきた成功者達の共通点といえば喋りが上手いという事だ。

考えた事を相手にどのように伝えれば最も伝わりやすいのかという技術を身につけている。

 

起業する前は資金が無くても調達できたり

一度大失敗をして多額な借金を負っても再起できたり

まだ誰も知らない商品を世に広める事ができたり

言葉の力を使って大人数の心を一つにするなど

成功者と言われる人達は自分が考えている事を最大限魅力的に伝える事で

多くの人の心を動かしてきた。

 

話す力は最初から才能がある人もいるかもしれないが

ほとんどは後から身につけてきた人ばかり。

環境によるものもあるかもしれないが

日常から4つの事を意識してトレーニングする事で確実にレベルアップしていくのだ。

続きを読む

「お金が無いから出来ない」は言い訳 ~チャンスを掴む思考術~

新しい事を始めるタイミングは人それぞれだが

どんな年代の人であっても必ず挙がってくる言い訳の一つとして

「お金が無いから出来ない」という事を理由にする人が多い。

 

今お金持ちの人は最初からお金があったから

成功出来たのかというとそうではない。

最初は資金0から始めて成功した人達はたくさんいる。

 

じゃあ何もないところからスタートした人達はどのようにして

成功への階段を昇っていくことが出来たのか。

多くの成功者たちが共通して持っている

チャンスを掴む為の行動力や思考術について説明していきたいと思う。

続きを読む

夢や目標を語り人を動かす為に必要な3つの行動

あなたはどんな時に誰かの為に行動しようと思いますか?

 

人を動かす為には、まず「自分自身だったらどうだろう」という事を考えて

日常から人に動いてもらえる環境を作っておかなければならない。

 

夢や目標を実現しようとした時に

周りの人の力を借りたる為にお願いをする場面は必ず出てくる。

それが家族とかであれば聴いてもらいやすいのかもしれないが

友人や同僚、上司などになってくると簡単にはいかない。

 

人を動かす為には常日頃から意識して行動しなけらばならない事が3つある。

続きを読む

最短時間で成功出来る人の行動習慣

初めてバイトをやり始めた時

初めて就職して社会人として働き始めた時

いろんな初めての場面を経験してきた中で感じた事は

成長速度が人によって大きく異なるという事だ。

 

スタートラインが一緒でも1年後、2年後には差が開いているし

早い人だとたったの1カ月くらいで差を感じる事もある。

 

このように成長速度は人によって異なるが

誰よりも早く成長できる人は共通してある行動をしている。

頭が良いとか悪いとか、要領が良いとか悪いとかでは無く

行動一つで成長のふり幅が大きく変化するのだ。

 

今回は周りの人と比べてなかなか成長出来ないと感じている人の為に

最短時間で成功できる人の行動習慣について説明していきたいと思う。

続きを読む

勝ち組の共通した特徴 ~引きこもりで目標の無い人が稼ぐ時代~

アフィリエイターやユーチューバーといった個人で

企業並に稼ぐ人達が年々増加している。

 

そうした人達は能力が特別優れているかというと一概にそうとも言えない。

就職して同じ土俵で勝負してみると案外能力的にはあまり差が無い人が多いだろう。

中には飛び抜けて知識やスキルが高い人もいるのも事実だが

それはほんの限られた人達だ。

 

この事から、稼ぐ金額と能力が比例している訳ではない事が分かる。

 

能力は平凡なのに何千万、何億と稼いでいる人達には共通した特徴がある。

それは「引きこもり」+「目標が無い」人達である。

 

一昔前であれば社会不適合者と言われていた「引きこもり」や

目標を作る事が正しいと思われていた時代の人達からすると考えられないだろう。

 

今回はなぜ、目標が無い引きこもりが

成功する可能性が高いのかについて説明していきたいと思う。

続きを読む

我慢でストレスから逃れる方法 ~「未来に繋がる我慢」と「未来を壊す我慢」~

我慢するとストレスが溜まると考える人は多いかもしれない。

我慢という言葉自体がネガティブワードとして捉えられがちだが

実際はそうではない事に気付くと逆にストレスから逃れる事が出来るようになる。

 

我慢には2つの特性がある。

 

それは「未来に繋がる我慢」と「未来を壊す我慢」だ。

 

未来に繋がる我慢を行っている人は

収入やメンタルが安定していて、仕事もプライベートもうまくいっている。

未来を壊す我慢をしてしまっている人は

ストレスで心が病んでしまい、仕事もプライベートもうまくいかない。

 

どちらの我慢を選択するのかは自由だが

知らず知らずのうちに未来を壊す我慢を選択してしまう人達が圧倒的に多い。

日本は特にその傾向があり、社会の仕組み全体が

そうした我慢からストレスを抱えやすくなる構造になっている。

 

■未来を壊す我慢

未来を壊す我慢

毎日満員電車に揺られながら会社に通勤していたり

誰かの悪口を聴く環境を我慢していたり

日常生活の中でもストレスを感じやすく

継続的にその環境に身をおかなければならない状況はある。

 

そうした環境は我慢すればする程

自らの気力をすり減らして心が病んでいく方向へ進んでいく。

 

未来を壊す我慢は、日々ストレスが蓄積していき

最終的にはどこにも行き場がなくなる事で

鬱になってしまったり、身体が限界を超えて病気になるなど

報われない我慢をしてしまうことだ。

 

これは当たり前に周りの人達もしていることだと思うし

「多くの人がしているのだから自分もやらなければならない」と

偏った考え方を持つ環境が整ってしまっているが為に

未来を壊す我慢が当たり前になっているのだ。

 

■未来に繋がる我慢

未来に繋がる我慢

未来を壊す我慢とは逆に最終的には

報われる可能性がある我慢をすることが未来に繋がる我慢である。

 

毎日20分のランニングをかかさなければ理想の体型に近づける

プログラミングを学んで独立を目指す

毎日ユーチューブを投稿して登録者数を増やす

 

こうした努力には必ず我慢と共にストレスを感じるものだ。

でも、エンドレスに蓄積していく我慢とは異なり

達成したい未来、実現したい理想を目指して我慢している事で

いつか報われる可能性があるこれらの我慢は

報われない我慢に比べるとストレスの質が大きく異なってくる。

 

最終的に努力によって理想の自分に近づけるのであれば

そこまでのストレスは時間が経てば経つほど軽減していく。

 

このように自らをすり減らしていく我慢に力を注ぐよりも

未来に繋がる我慢に力を注ぐ事がストレスから逃れる方法の一つとなるのだ。