アートとは何か?日本におけるアートの位置づけや役割について考えてみた

アートってそもそもなんなんだろう?

すごく哲学的な話になってしまいそうだが

日本におけるアート(芸術・美術)の位置づけや役割、それによってどんな影響があるのか。

多くの人達の価値観、文化による習慣、日本全体の集合心理など

様々な視点から「アートとは何か?」について考えてみた。

 

■アートは非日常的なもの

アートは非日常的なもの

「あなたにとってアートってどんな存在?」

こんな質問をされて事はないと思う。

ほとんどの人がこの質問をされるとフリーズしてしまうだろう。

おそらくその時点でアートについて日常的に考えることはほとんど無いことが分かる。

 

なぜなら、視点を変えて「あたなにとって家族ってどんな存在?」

この質問をされたら「大切な存在」「かけがえのない存在」など

瞬時に答えが思い浮かぶ人はたくさんいると思う。

それはそれだけ家族と接する時間が長くて、無意識に考えている事が多いからだ。

 

日本人にとってアートは「日常的なもの」ではなくて

「非日常的なもの」として捉えている人がほとんどだと考えられる。

それは「高尚なもの」「特別なもの」「高価なもの」「自分には手が届かないもの」といった

イメージが先行していることも原因として挙げられる。

 

アートに触れる機会が少なかったり、家に絵を飾る習慣がなかったり

日本はアートの価値が低いまま文化を培ってきたのだ。

 

■アートの価値は人それぞれ

アートの価値は人それぞれ

歴史的に有名な絵画を学校で学んだり、インターネットや美術館など

生きていればいろん種類の絵画を目にする機会はたくさんある。

中には精密に描かれていて明らかに「すごい絵」「上手い絵」と分かる絵が評価されていることもあれば

「なんか自分でも描けそう」といった感想を持たれる絵が存在するのも事実。

 

単純に上手い絵だけが評価される訳ではなくて

誰が見てもすごい絵を描いていたとしても評価を得られなかった絵はたくさんあり

いろんな偶然が重なって評価が高くなった絵もたくさんあるのだ。

 

アートは見る人によって感じ方や評価の付け方は様々で

スポーツのように明確に点数をつけるような基準など一切ない。

時代や人、環境、文化など様々な要因によって作品の存在価値は大きく変わる。

 

いろんな時代を経て、世界的な歴史の中で

需要と供給、希少性などによってある程度高値がつく絵は存在し

一部の富裕層にしか手が届かなかったり、楽しめないようなイメージに捉えられがちだが

アートを評価する感性は人それぞれであり

もともと個人的に楽しめる身近なものとして存在していた。

多くの人が興味を示さないような絵でも、たった1人がその絵に価値を感じれば

その絵は価値のある存在となる。

アートの価値は自分たち11人の中に存在しているのだ。

 

■アートが文化を表現している

アートが文化を表現している

様々な時代の絵を見ると、その時代背景が分かる。

ルネッサンスやバロックという言葉は学校で習って記憶に残っているだろう。

日本画においても江戸時代の頃に残された絵はたくさんあり

そうした様々な時期の絵を見たら、どんな服装だったのか、何が流行っていたのか

文字とは違う情報が手に入る。

 

現在の描かれている絵も、今の時代を描写しているものはたくさん存在していて

スマホやパソコンによるコミュニケーションをする方法の変化や

大量生産により労働の見方の問題を描いているような絵がある。

 

こうした時間が経つにつれて後から見返すことが出来るのもアートの特徴の1つだ。

 

■アートの存在価値

アートの存在価値

どんな国や時代であっても、人はこれから先の未来に夢や希望を抱きながら生きている。

戦争や教育、環境によって価値観や人生観、死生観など

様々な価値観が統一されるような集合心理が働く状況になると

個人としての生き方よりも万人としての生き方になってしまう事がある。

 

それは、現代社会でも起こっている事で

会社や団体などのグループに属した時に

自分自身の存在が小さく感じてしまうような状況に陥ってしまう事があるだろう。

人は集団心理が働くと、その流れに流されてしまう傾向があり

それは良い方向に進む事もあれば悪い方向に進む事もある。

 

そんな状況の中でアートに触れることで多様な表現と対峙すると

自分自身の考え方や見方と向き合う時間を与えてくれる。

アートは自分の中にある存在価値を高める効果があると共に

自分以外の価値観を知るきっかけにもなり

それによって自分自身のアイデンティティを守ることにも繋がると考えられる。

 

自分と他人との違いを認識させてくれる。

 

アートとは、自分の考え方、存在意義、生き方など

人生と真剣に向き合う為に必要不可欠な存在であり

未来への夢や希望を与えてくれる事で

「生きる価値」を示してくれているのではないだろうか。

芸術の普及に参加してくれる人募集中!!

ObeOlys & coでは芸術家支援

芸術の普及を目的として活動しています!

その活動の一環として置き型絵画インテリア『ロココロ』で

画家の想いを伝え芸術の良さや創作活動への理解を深めて

芸術を通して生活を 心を 豊かにしていただければと思っています!


ロココロについて知りたい方はコチラ

コメント

Comments are closed.