アートの存在意義や存在価値とは?【アートが世界中で愛される理由】

アートはあらゆる人種、国、文化、宗教、時代を超えて世界中で愛されています。

 

アートは描く人や鑑賞する人にとっても重要な存在であり

言語が無い時代では文化を継承する役割を担っていたり

言語で伝えられない難しい事を表現するツールとしても役立ってきました。

 

今ではテクノロジーの発展にとっても欠かせない分野として

アートの教育に力を入れている国も増えてきています。

 

そんな大昔から形を変えながらも途絶える事の無かったアート

世界中で愛されている理由や存在意義、存在価値について深堀りしていきたいと思います。

↓↓

■アートの存在意義や存在価値とは?【アートが世界中で愛される理由】について深堀り

アートの存在意義や存在価値とは?【アートが世界中で愛される理由】について深堀り

アートの存在意義や存在価値というものに「答え」はおそらく無くて

人それぞれ考え方や解釈は時代によっても変わってくるものだと思います。

 

今からお話しする内容はあくまでも僕個人の答えであって

それに対しては賛否両論ある事を前提に見ていただければと思っています。

 

・アートの存在意義とは

アートは冒頭でも述べたように「言語以外でメッセージを伝えられる」ことが一番の特徴です。

 

普通に言葉で伝えると100あるうちの50しか伝わらないとしたら

残りの50を補えるのがアートの役割となります。

 

言葉が浅いレベルのメッセージだとしたら

アートは深いレベルのメッセージという解釈となり

メラビアンの法則のように人間は視覚情報が圧倒的に伝える方法として効率が良く

短い時間で大切な部分を伝えることができたり

言葉の表面的な部分からその背景にある人間の本質的な部分まで

多くの人の心に深く訴えかけることもできます。

 

・アートの存在価値とは

アートは人の心へ直接メッセージを送る事で

「嬉しい」「悲しい」「悔しい」「怒り」などの感情を揺さぶる存在であり

その感情は「共感」によって引き起こされるものであって

その瞬間はどんな感情になったとしても

最終的には『幸せ』を与えることがアートの存在価値だと思います。

 

「花の絵画は癒し効果がすごい」 という記事でも述べているように

アートは人を癒す効果もあり、心が安定すると身体も安定して病気になりにくくなったり

仕事やプライベートにおいても活力を与える潤滑剤のような役割も果たします。

 

また、血液の循環が良くなったり、食欲が増すなどの

健康においても効果を発揮することがわかっています。

 

このようにアートは日常生活をより良く過ごす為に必要な要素をたくさん持っていて

それによって『幸せ』を感じる事が出来るツールとしては欠かせない存在である事が分かります。

 

■これからの時代はアートが中心の世界へと変わる

これからの時代はアートが中心の世界へと変わる

『アートは趣味や娯楽の域を超えて生活に欠かせない分野へと変化します』

 

なぜなら、今はまだ日本はアートの文化が根付いていなかったり

その重要性に気付いていませんが、アートの重要性に気付いた国では

ビジネスと結びつけたアート教育に力を入れているからです。

 

なぜアートを学んだ経営者は事業で成功する確率が高くなるのか?」という記事でも

詳しく解説していますが、アートを学んだ経営者は世界を変えるような

モノやサービスを創りだし、多くの人達に価値を提供しています。

 

これからあらゆる分野でAIが導入され

人が職を失っていく現実は誰もが知っている事だと思います。

それでもまだ実感が無い分、危機感を持つことも難しい状況。

今この時代に生きている人はまさに時代の転換期にいると言ってもいいかもしれません。

 

そんな環境の中でアートはAIに代用されない

人間独自のクリエイティブな発想を用いた分野であること

アートを学んだ数多くの経営者が世界で活躍していることから

固執した考えに捉われない創造力をアートを学ぶ事によって身につく為

アートは教育科目においても必要不可欠な分野として確立していく事が予想されます。

 

こうした時代の背景からもアートの重要性に気付いた人類全体が

アートを学びながら感性を磨き、それをビジネスに活かしていく事が

スタンダードになる方向へと変化していくでしょう。

芸術の普及に参加してくれる人募集中!!

ObeOlys & coでは芸術家支援

芸術の普及を目的として活動しています!

その活動の一環として置き型絵画インテリア『ロココロ』で

画家の想いを伝え芸術の良さや創作活動への理解を深めて

芸術を通して生活を 心を 豊かにしていただければと思っています!


ロココロについて知りたい方はコチラ