成功しているからワクワクしているのではない!ワクワクしているから成功するという原理原則をあなたは知っていますか?

世の中で成功している多くの人は、成功する前から成功した後の自分を明確にイメージ出来ている。

当然イメージは自分の中にある世界だから言葉で誰かに伝えようとしても

実現したい未来を周りの人に理解してもらう事はかなり難しい。

 

でも、それを達成した自分は明らかに今の自分とは違っていて

自分自身の成長、周りの人の変化、世の中の変化、それらを想像しただけで嬉しくなって

今している地道で辛い作業もワクワクしながら出来るようになる。

 

その情熱や理念に共感して少しずつ理解者も増えてきて

いつの間にか周りに人が集まってくるような環境になる。

 

こうしたプロセスが成功への正しい道のりなのだ。

 

■8割の人はワクワクしていない

8割の人はワクワクしていない

成功している人は成功する前からワクワクしているのに対して

成功していない多くの人は成功する前にはワクワクしていない人が多い。

 

何かを達成する為には、リスクを負う事も必要になる場面もあるし

思い通りにいかなかったり、危機的場面に遭遇する事もたくさんあるだろう。

そうした状況になればなるほど、最初は持っていた情熱が少しずつ冷めてきて

自分自身を信用できなくなってしまう。

 

「本当に自分は成功出来るのだろうか?」

 

そんな疑問が頭の中をぐるぐる回って、ネガティブな思考が全身を支配していく。

すでに成功している人も、まだ成功していない人も同じようなプロセスを必ず経験する。

じゃあ成功する人と成功しない人の違いはなんなのかというと

その状況だったとしても未来を想像して自分自身を疑うことなく

ワクワクを維持しながら今出来る事に真っすぐ向き合えるかどうかなのだ。

 

8割の人は不安や恐怖に負けて、最初は持っていた夢や希望を見失ってしまう。

まずはその事実に気付かなければ、前に進む事は出来ない。

 

■脳科学でも立証されている

脳科学でも立証されている

人は嬉しいから笑うのではなく、笑うから嬉しくなる。

人は悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しくなる。

これが人間の脳の仕組みだ。

 

実際に笑顔を作りながらネガティブな言葉を言おうとするとかなり難しい。

それは笑顔は脳の中で嬉しい時に動いている筋肉と連動しているから

その動きに合わせた行動を取ろうとしてしまう。

 

この事から人はワクワクしたり楽しい未来をイメージして脳の中だけでも

それを先に経験してしまう事によって結果が後から自然とついてきて目的を達成できるようになっている。

これが世の中の仕組み、人間の仕組みの原理原則なのだ。

 

だから、達成したい目標に対して標準を定めたのであれば

達成した自分をイメージしてワクワクした感情を先に呼び起こす。

最初にこのステップを踏む事を忘れなければ、

その後どんなに辛い出来事や苦しい体験をしたとしても

成功した自分に向かって一直線に突き進む事が出来るようになる。

 

これは誰にでも出来るようで実践するのはかなり難しい。

だから成功出来ない人がたくさんいる。

でも、これを実践し続けられた人は必ず成功に近づく事ができるようになるのだ。