自分を不幸だと思っている人ほど不幸になっていく

自分の事を「不幸だ」と思っている人は

どんどん不幸になっていく傾向にある。

気持ちの問題を言ってしまえば簡単に片付いてしまうのかもしれないが

言葉にして「不幸だ」という人達には特徴があり

その一つ一つがその人自身をどんどん不幸の道に追いやっている。

 

また、その人達は不思議とその事に気付いていない。

同じようにしている人を見て「自分はあんな人生送りたくない」と言っている人で

同じ道を歩もうとしている人は意外にたくさんいる。

 

そんな不幸な人達の特徴をまとめてみた。

 

■不幸な人は愚痴を言う

不幸な人は愚痴を言う

不幸の道に進んで行く人で日常的にやっているのは

「愚痴」を言う事だ。

 

愚痴を言ったことが無い人なんて世の中にいないと思う。

でも、プライベートでも仕事中でもずっと誰かの愚痴を言っている人がいる。

愚痴はその人にとっても周りの人にとっても百害あって一利なし。

 

愚痴を聞かされている方は嫌な気持ちにしかならないし

正直どう反応していいか分からない。

愚痴を言っている方は、周りから「また言っているよ」と冷たい反応をされて

やがてその人の周りからは人が離れていく。

 

でも、当の本人は愚痴をずっと言っている自覚が無い人が多い。

正義感が強くて自分は正しいという自負があるから

これを言う事で周りの人たちは勉強になっているくらいの感覚でしかない。

相手の立場や気持ちになって考える事ができないのだ。

 

■不幸な人は周りと比べる

不幸な人は周りと比べる

自分の置かれいる環境と周りの人の環境を比べる。

それになんの意味があるのだろうか?

 

確かに傍から見て何をやってもうまくいく人はいるし

家庭環境が良かったり経済的に豊かだったり

その人と比べて自分が「劣っている」と感じてしまうのは

人間の性なのかもしれない。

 

でも、それに対して妬んだり、気分を害してしまうのは

時間の無駄でしかないしマイナスにしか働かない。

 

劣っていると感じるのであれば、それはあなただけではなく周りも感じていて

紛れもない事実なのであれば、それは自分自身が今まで生きてきた

生き方や方向性にズレがあったからだと思う。

もしかしたら、何をやってもうまくいく人は誰よりも努力してきて

失敗ばかりを繰り返していた過去があるのかもしれない。

 

歩んできた道の順番やスピードが違うだけで

それをあなたが今から経験して最終的に追い越すことが出来れば問題ないのだ。

 

今の自分を受け入れて、5年後10年後に理想の自分になる為に

時間を費やした方が100倍有意義な時間を使う事ができる。

 

■不幸な人はいつも後ろ向き

不幸な人はいつも後ろ向き

お気に入りの服を着ていて、ある日突然ボタンが取れたら

あなたはどう思うだろうか?

 

多くの人が「ボタンが取れて最悪だ」と感じるかもしれない。

でも、幸せな人生を歩む事が出来る人は

ボタンが取れるなんて日常的にそう頻繁に無い事が起きたから

「なにか良い事があるかもしれない」と考える。

 

何かが起きた時にマイナスに考えるかプラスに考えるかは

その人次第でどちらにも考える事が出来る。

 

でも、不幸な人は何が起こってもどんな時でもあれこれ理由をつけて

「なにか嫌なことが起こるんじゃないか」とビクビクしながら後ろ向きな事ばかり考えている。

 

その時点で、不幸な未来が目の前に広がっているのだ。

 

■不幸な人は何をしても不幸

不幸な人は何をしても不幸

不幸な人はなんでもマイナスな方向に持っていこうとするから

何をしても不幸の道しか待っていない。

「今日は朝早くに起きてしまったから、寝る時間が減ってしまった」

「定時寸前で仕事が入り残業してしまった」

「電車が遅れていて無駄な時間を過ごした」

など日常的に起こるトラブルや予想外の出来事を受け入れる心を持っていないから

結局、それについて愚痴をこぼしたり、周りと比べたり、後ろ向きに考える負の連鎖になっていく。

 

考え方一つでどんな出来事であってもプラスに持っていくことが出来るのに

気付いていないし気付こうともしていない。

それが習慣づいていて、そうしないと精神を保てなくなってしまっているのだ。

 

これを治す為には、無理やりにでもプラスに考えなければならない状況を自ら作るしかない。

例えば周りの人に協力してもらって「愚痴をこぼしたら罰金で100円払わないといけない」とか

リスクを負わないと人は本気で取り組むことが出来ない。

 

今この記事を読んでもしかしたら自分は当てはまるかもしれないと少しでも感じたら

本気で治す努力をした方が良いかもしれない。

 

幸せになり方法を知りたい人はコチラ

 

コメント

Comments are closed.