座る位置で相手の心理をコントロール

座る位置によってその人との関係が左右される事をご存知だろうか?

例えば、会社の会議で自由に席を選択できる場面だったとする。

そんな状況で、自分の対面に座る人、横に座る人、斜め前に座る人、

それぞれ座る位置によって心理作用が変わってくるのだ。

 

具体的に言うと

正面に座る人は、あなたに敵対心がある人かもしれない。

普段からライバル関係だったり、意見が合わない人は心理的に対面に座る事が多い。

横に座る人は、身体が近い分親近感が湧き、あなたの見方になってくれる可能性がある。

斜め前に座る人は、ほど良い距離感を保つことができるので、

緊張感が解けてあなたと親しくなる傾向にある。

 

こうした座る位置によって、相手の心理状態が変化する事を「スティンザー効果」と言う。

 

■「スティンザー効果」を利用して相手の心理を変える

会議

この効果を利用する事で、いろんな場面で自分に有利になるようコントロール出来るようになる。

 

例えば、いつも敵対心を持たれている相手の真横や斜め前に座るようにする。

いつも賛同してくれる人は正面に座ってもらうようにすれば

反対意見が出来くくなり自分の思っている方向に話を運びやすくなったりするのだ。

普段、反対意見ばかり言ってくる人でも、真横に座れば親しくなれる可能性も出てくる事もある。

それだけ、相手との距離や場所によって働く心理作用は大きい。

 

これは仕事だけでなく、恋愛にも応用が効く。

気になる異性と食事に行く時は、対面で食事をする場所よりも横に並んで

食事をする方が親密になりやすい傾向にある。

特に男性はお店選びに悩む事も多いと思うが、それを基準にお店選びをしてもいいかもしれない。

合コンとかで初対面の人達ばかりの集まりだと、最初は斜め前に座って緊張感が解けた後に

横に席を移動して距離を縮めるようにすれば親密な関係になりやすいだろう。

 

※心理学を使ってコミュニケーション能力を高める方法についての記事はコチラ

 

■テクニックは知っていればいる程良い

隣に座る

人間関係を構築する中で、こうしたテクニックを知っていれば席を選ぶ選択肢の幅が広がる。

ただやみくもに席を選ぶのではなく、相手とより良い関係になるよう自分でコントロールできれば

仕事の場面でも恋愛の場面でも自分の思った通りの方向に持っていきやすくなるだろう。

明日から使えるテクニックなので是非日常で実践してみてください。

 

※心理学から学ぶモテる人モテない人の会話の特徴についての記事はコチラ