どうやったらお金持ちになる事ができる?

世の中のお金持ちになっている人達は、どうやってお金持ちになったのか考えてみた。

 

お金持ちだけに限らず、望みを手に入れている人達は望みを叶えようと強く考えていた。

心の底から思っている望みを実現させたいと思ったのだ。

ソクラテスの有名な話で、ある人がソクラテスに「望みを叶える為にはどうしたらいいですか?」と質問した。

するとソクラテスはバケツいっぱいの水を持ってきて、その人の頭を水の中に押し込んだ。

当然息が出来ずもがき苦しむのをしばらくたってから頭を上げた。

するとソクラテスが「どんな気持ちでしたか?」と質問した。

その人は「苦しくて息を吸いたい気持ちでいっぱいで、他になにも考えられませんでした」と応えた。

ソクラテスは「それが答えです」と言った。

 

■望みを叶える方法

この話から人は何かを望む時に、その望みで頭がいっぱいで他の事は考えられないくらいになれば

必然的に願いは叶うという事だ。

実際そんなにうまくいかないと思うかもしれないが、まさに「原点」がここにある。

 

欲しい物があるとする。

それは何でも良いのだが、その欲しい物を「欲しい」と思わないと

一生それを手に入れる事はできない。

外食した時に食べたい物を望んで注文しないと、食べたい物が目の前に現れる事が無いように

自分が叶えたい事を考えないと叶えられる事も叶える事なんてできない。

お金持ちになりたい

この事から、自分の思考が未来を創っている事に気付く。

 

まずは考える事から始めるないといけない。

 

■望みを叶える為には強く願う

望みを叶える為に考える事から始めたのはいいが、それでなんでも叶うほど人生甘くない。

他に何も考えられないくらいにその事にたいして情熱を注がないと叶えられない。

それくらいしても、全部が全部叶える事が出来ない事もあるが

100%叶えられなかったとしても50%まで叶える事が出来るかもしれない。

 

強くその事について考え出すと行動するようになる。

行動すると自分だけでなく周りの人たちも動くようになる。

周りの人たちが動くと自分が動いていない時も勝手に望みを叶える行動をしてくれるようになる。

そうなれば、いろんな相乗効果が働いて良い方向に進んで行く。

 

この流れは理想だが間違った事をしていなければ原則このように進んで行くようになる。

本気でその望みに対して取り組んでいると、周りの人たちの心を動かすきっかけになって

自分の見えないところで見えない力が働く事は実際によくある事だ。

 

今お金持ちになりたい人たちは、全員では無いにしろ

「お金持ちになりたい!」と強く願った人は少なくないと思う。

 

誰だって豊かな暮らしをしたい。

豊かな暮らしがしたい

貧しい国に生まれた人は、お金を手に入れて家族にご飯をいっぱい食べさせてあげたいと願ったはずだ。

貧しい家に生まれた人は、お金が無い不自由さを経験して自分は違う人生を歩んでいきたいと思うだろうし、

破産を経験した人は、お金の大切さや人の大切さを知り、心からお金や人に恵まれた人生を送りたいと感じただろう。

 

誰よりも強く願ったその先に思い描いた人生を叶えるきっかけがある。

全ての人が叶えられないかもしれないが、

まず考えて行動しないと叶えられるものも叶えられない事は事実だ。

 

周りが何と言おうと、自分が実現したい未来を現実にする為に

毎日一生懸命行動している人の方が魅力的であり、最終的には充実した人生を送る事ができるのかもしれない。