リスクを負わずに成功してお金持ちになる素質がある人の3つの共通点

お金持ちになる素質がある人には共通点がある。

成功者の多くはリスクをとって大きな借金や貯金を全て使って

勝負した武勇伝の話が大きく取り上げられる為

起業してお金持ちになった人達は自分たちとは全く違う次元にいるものだと思っている。

 

実際にそうしたリスクを負って成功を勝ち取った人達は

普通の人達と比べて突出した能力を持っていたり一種の天才と呼ばれる人がほとんどだろう。

 

でも起業家が全員人生をかけた勝負をして成功を勝ち取っているのかというとそうではない。

実はリスクを負わずに起業してお金持ちになった人の方が数としては多いのだ。

 

人は劇的なストーリーが記憶として定着しやすく

リスクを負って紆余曲折しながら苦労して成功を勝ち取った人間ドラマがある方が大きく印象に残る。

起業家=リスクと考える人が多い背景にはこうした人間の心理的な部分が大きく関係していて

記憶には残らないが、そのようなリスクを負わずに階段を一つずつ上って成功した人の方がたくさんいるのだ。

 

今回はそうした人達の共通点について説明していきたいと思う。

 

■コントロールできる部分は全て自分の責任

コントロールできる部分は全て自分の責任

お金持ちになれる人は自分の行動全てに責任を持つ。

自分でコントロール出来る事は、自分の行動一つで良くも悪くも結果が動く事を知っていて

例えそれが明らかに自分の責任ではなくて、誰かの責任で悪い結果になったとしても

その人に働きかけていなかった自分の責任だと受け止め成長に繋げていく。

 

逆に自分でコントロール出来ない事にはまったく干渉しない傾向があり

例えば、天候や天災といった自然現象によって被害を被る場合など

どうしようも無い事に関しては考える事を一切しない。

 

このように無駄な場所に思考を巡らせる事無く

成長に繋がる責任を選択する能力を持っている事で

常に適切な行動に繋げることが出来るのだ。

 

■必ず副業から始める

必ず副業から始める

一発逆転を狙って最初から大きく投資するのではなく

しっかりと収入源を確保しながら副業として始める方がクリエイティブな発想が生まれやすく

会社として存続する確率も最初の3年間で倒産する確率が30%も減少する事が分かっている。

 

最初は出来る限り小資本から始める事ができて

尚且つランイングコストがあまりかからずに利益を得ていく方法を探す方がいい。

ある程度お金が入ってきた段階で、本当にやりたかった大きく投資しなければならないビジネスを始めるようにすると

リスクを抑えながら様々な事にチャレンジできる。

 

このようにやりたい事から始めるのではなく、お金をかけずに稼げる事から始めて

後からやりたいビジネスに手を出していく順番の方が成功に近づきやすくなるのだ。

 

■知識の蓄積を怠らない

知識の蓄積を怠らない

成功する人に欠かせない特徴として「勤勉である」という事は非常に重要になってくる。

知識の蓄積を怠らず、常に様々な情報を得るように努力し続けている。

 

さらに情報が溢れている状況の中で、自分に必要な情報を整理する能力も必要となる。

ただやみくもに情報を得ようとするのではなく、

限られた時間の中で必要な情報だけを選んで知識として蓄えていく。

こうした地道な作業が新しい発想を生むきっかけになったり、リスク管理に役立ったりするのだ。

 

今の時代は起業しようと思えばいろんな便利なツールがたくさんあるから、

昔から比べると簡単に事業を始める事が出来る環境になっている。

逆に起業に対するハードルが低くなっている分、競争率も高くなるのだが

それは誰もが平等にお金を手に入れるチャンスがあるという事。

 

そんな環境を利用してリスクを限りなくゼロに抑えながら成功に近づく為には

これら3つの特徴をフルに活かして行動していく事が大切になってくる。

 

どこかの企業に勤めるよりも茨の道が待っているのかもしれないが

何が起きるか分からない世の中で他人に自分の人生を委ねて生きていくのではなく

自分自身の力で人生を切り開いていく事が

これからの時代のスタンダードになっていくのではないだろうか。

コメント

Comments are closed.