睡眠を変えれば人生が変わる!人生に目的を持つことが睡眠の質を高める効果的な方法だった

朝起きてからなかなか眠気が取れなかったり

たくさん寝ているはずなのに寝た感じがしないなど

睡眠の質を高めたいと感じている人はたくさんいると思う。

 

仕事で毎日やる事が多くて睡眠時間が短い人は特に

限られた時間で出来る限り脳を休ませてパフォーマンスを維持したいと感じているはず。

 

一般的にレム睡眠やノンレム睡眠などの時間を計算して

スッキリ起きられる最適な時間を逆算してから寝る方法がよく知られているが

この方法だと自分の思っている時間に起きられなかったり

布団に入ってからなかなか寝付けなかったりすると計算がズレてしまって

うまくいかない事が多々ある。

 

そうして睡眠の質を改善したくても出来ない人は

「人生に目的を持つ」という事を意識してみてほしい。

実は、人生に目的を持つだけで睡眠の質を高めることが出来るのだ。

 

■自分の人生に明確な目的を持つ

自分の人生に明確な目的を持つ

自分の人生に明確な目的を持つ事によって、寝付くまでの時間が短くなったり

寝ている間も不安などによって目が覚める事が少なくなることで

朝スッキリ目覚めることが出来るようになるといったことがある研究から分かっている。

 

寝ている時は集中して身体を休めているし

朝起きたらダラダラと眠い目をこすりながら行動するのではなく

テキパキと行動出来るくらいスッキリしている状態になり、時間を上手に使えるようになる。

さらに無呼吸症候群のリスクも下がるといった効果もあるらしい。

 

また睡眠とは少し違う話になるが、人生に目的を持っている人は

太りにくくなるという研究結果もある。

人生に目的があることによって、エキササイズをしたり

病気の予防に繋がる行動をしやすくなるという思考になりやすい。

 

こうした事から睡眠の質を高めてより良い人生を送る為には

自分自身を向き合って人生に目的を作ることから始めることをおすすめする。

 

■睡眠の質を高めるその他の方法

睡眠の質を高めるその他の方法

・規則正しい生活リズムを作る

毎日何時に起きて、何時にご飯を食べて、何時に寝るという生活のリズムを作ると

身体がそのサイクルを覚えて目覚ましが無くても同じ時間に起きられるようになるし

それに合わせて眠たくなる。

 

食事は寝る3時間前にすませている状態が理想とされていて

睡眠中に胃が消化活動をしてしまうと、眠りが浅くなったり

疲れがとれにくくなる原因になる為注意が必要だ。

 

・朝の光を浴びる

朝の光を浴びることで1416時間後にメラトニンという眠気を誘う物質が分泌される。

8時に20分~30分程朝陽を浴びると夜22時~24時頃には眠たくなる計算だ。

朝陽を浴びる時間を調整する事で寝る時間をある程度コントロールできるようになる。

 

・定期的に運動をする

身体の疲労は睡眠を促す効果がある。

定期的に運動する習慣を身につけていれば

うまくエネルギーを使う事ができ、布団に入ってから眠れないという事が無くなる。

寝る前にあまり激しい運動をすると、逆に興奮状態になって眠れなくなってう為

刺激の少ないヨガや軽い有酸素運動などを行った方が良い。

 

こうした方法を取り入れながら、うまく睡眠と付き合っていく事が大切。

なかなか人生の目的を見つける事が難しいという人も

生活リズムや習慣を少し変えるだけで質の良い睡眠を手に入れる事が出来る。

質の良い睡眠を手に入れる為には、質の良い行動や考え方から生まれる。

睡眠が変われば人生が変わると言っても大袈裟ではないのかもしれない。