実は簡単だった!たった1つの成功者思考術

成功者の実例や考え方、自己啓発など様々な本を読んできた。

数多く本を読んでいると、いつの時代でもだいたい同じ内容が

言い方を変えて伝えてる事にあなたも気づくだろう。

 

その中でも僕が思うどの本にも共通して書いてある事がある

それは

「プラス思考」

 

なんだそんな事か・・・と思うかもしれないが

このプラス思考は簡単だが実はなにげに番難しい。

 

■自分で自分をコントロール

あなたは自分の脳を100%自分でコントロールできていると思うだろうか?

実は「無意識」に動いている部分はすごく多い。

自分でコントロールしているように見えて、勝手に脳が一瞬で考えてその動作に繋げている。

例えば、まばたきをしようとする時

「そろそろ目が乾いたから瞬きをしよう」と考えてからまばたきをする人はいないだろう。

その他のいろんな動作にしてもいちいち

「右手を動かそう」「左足を前にだそう」「顔を触ろう」なんて考えずに行動しているはずだ。

プラス思考

これを感情に当てはめてみる。

例えば、朝通勤の時に絶対に遅刻できない日に限って電車が遅延している

一瞬にして「最悪だ」「今日に限ってなんで?」といった感情が押し寄せてきてイライラしてしまう

「プラス思考」でいようとしても感情がそれを「マイナス思考」へ変換してしまうのだ。

 

でも、これをコントロールできている人たちはみんな成功している。

ゴルフ界で有名なタイガーウッズ。

全盛期の時の彼はマスターズで優勝争いをしている時、

競り合っている相手の選手がカップにめがけてパットをする時

「カップに入れ!入れ!」と心の中で本気で思うそうだ。

実際に入ると「よし!」と心の中でガッツポーズをする。

スポーツをしている人なら分かると思うが

その一打を入れられると自分が不利になる状況で、相手に向けて「入れ!」なんて

口が裂けてもいえないし、とてもじゃないけど思えない。

でも彼は心からその状況を喜び、その後自分も最高の一打を打つのだ。

おそらく、彼の思考の中では「これが入ったら、この後の自分も最高の一打を打つことができる!」

のような前向き考えだったのではないだろうか。

自分で自分をコントロール

■難しいからほとんどの人ができない

どんな状況下であったとしても、ネガティブな考え方、発言をしないという事は

想像以上に難しい。

でも、難しいからほとんどの人ができない。

逆にそれをできるようになれば、成功している10%の人たちの仲間入りだ。

成功する為にはプラス思考だけが必要というわけでは無いが

そういう人のところに、お金や人が集まって相乗効果が生み出されるのではないかと思う。

 

これだけたくさんの本が出ている中で、

実際に成功している成功者、人並み以上の知識を持っている学者、

そんな人たちが揃って同じことを言っているという部分だけみても

プラス思考を続けることの意味をもっと重要視した方がいいのかもしれない。