話した内容が相手の印象に残って説得力が簡単に上がる方法

人は誰かに何かを伝えようと一生懸命話していても

なかなか伝わらない場面がたくさんある。

相手は自分が思っている以上に話している内容を聞いていない。

 

自分は伝えたつもりになっていても、実際はあまり理解していなかったり

話されたかどうかすら相手は覚えていない時もある。

そんな経験をして相手に伝わる話し方をしたいと思った人はたくさんいると思う。

 

相手の印象に残って説得力のある話し方をしようとすると難しく考えてしまうかもしれないが

たった一つだけ誰にでも出来る簡単な方法を実践するだけで、その悩みは解決するのだ。

 

■説得力を上げるトレーニング

説得力を上げるトレーニング

相手に何かを伝えたい時に最も簡単で有効的な方法として

「大事な事を3回以上伝える」

これをするだけで印象に残る確率が全然違ってくる。

 

一般的なイメージとして同じ人から3回話を聴くのと

別々の人からそれぞれ1回ずつ計3回話を聴くのとでは

圧倒的に後者の方が説得力が上がると考えるだろう。

 

だが、実際はどちらもさほど変わらない事が分かっている。

わざわざ別の人が3回話す必要は無く、自分自身が相手に3回同じ事を言うだけで

説得力が上がるのであれば、絶対的にその方が効率的だ。

 

3回以上伝える時に注意しなければならないのが

5回を超えると相手は飽き飽きしてしまい逆に悪い印象だけが残ってしまう。

また、まったく同じ事をいうのではなく、内容は同じでも

言い回しやバリエーションを変えて説明しなければならない。

 

だから、説得力を上げたいと思った時は、伝えたい内容を

どの場面でどんな言い回しで伝える事ができるかイメージトレーニングをする必要がある。

 

それさえ実践することが出来れば、今まで話ていて相手の印象に

なかなか残らないと感じていた人も簡単に成果を上げる事ができるのだ。

 

■営業をする時に活用できる

営業を経験した事がある人は相手に話しが伝わらなくて成約に結びつかなかったり

言った言わないでクレームになったりする。

そうならない為に文字や図を書いて説明したり、電話の内容を録音するなど対策をしている人も少なくないが

それプラスアルファで3回同じ内容を一回の接客のうちに伝える接客スタイルに変えるだけで

成約率は必ずアップすると言ってもいいだろう。

 

広告も同じように最低3回は目に触れないと行動を促すことが出来ないと言われている。

逆に3回以上目に触れる環境さえ作ってしまえば行動を促すことが出来るという事になる。

 

今、成約率が伸びなくて悩んでいる人がいたら

ヒアリングで1回、商品説明中に1回、クロージングで1回くらいのペースで

大事な事を伝えると確実に成約率が上げる事が出来る。

 

今まで知っていたけど実践してこなかった人やそもそも知らなかった人も

この方法は誰にでも簡単に出来る方法なので騙されたと思って試してみてほしい。