自分探しをするよりも「やりたいこと」「好きなこと」を探した方が100倍得する3つの理由

挫折した時や失恋した時など何か人生の中で辛い経験をした時に

人は初めて自分自身と向き合う時間を必要とする。

 

自分探しと言って旅に出る人もいるだろうし、

家に引きこもる人もいるかもしれない。

 

だが実際には、自分探しによって得られる事は多いようで実は少ない。

自分を探す旅に出るよりもこれからの未来について真剣に考える方が

100倍得する人生を歩む事が出来る。

 

■自分探しは時間の無駄

自分探しは時間の無駄

なぜみんな「自分探し」をするのか?

おそらく、辛い経験をした心を傷を癒したり、もう何も考えたくないといった

マイナスの感情からの行動だと思う。

 

日常から非日常の世界、いつも一緒にいる友達や家族、職場や学校、

毎日変わらない景色から少しでも遠ざかる事で現実逃避をしている。

 

単に心の傷を癒す為に旅行に行ったり、いつもと違う経験をする事は良いと思うが

新たな自分を探す為の行動となると、このマイナス感情が邪魔をする。

 

マイナスな理由から始めた行動によって生み出されるアイデアや発見は

マイナスな結果を生み出してしまう傾向があるのだ。

 

もし、自分探しをしたいと思った時はプラスの感情と目的を持って

理想の未来を実現する為の時間にしなくてはならない。

 

■人生でたったの1日真剣に考える

人生でたったの1日真剣に考える

「自分探しをしたい」と思っているという事は「今の自分を変えたい」という事。

 

自分探しをするタイミングは人それぞれだが

人生20年以上生きてきたとしたら、性格や習慣を変えるのはかなり難しい。

相当な努力をして180度性格や習慣を変える人はいるが

みんなそれが出来たら苦労しない。

じゃあどうしたら人生を変える事が出来るのか?

 

それは「今の自分と真剣に向き合う時間を作る」ことが必要になってくる。

今まで生きてきて自分の向き不向き、好き嫌い、経験、スキル、人よりも優れている点、

特徴、性格、長所、短所など自分を構成しているあらゆる要素を書き出していく。

 

その中で

これから何のために生きるのか?

達成したい目標は何なのか?

なぜその目標を掲げるのか?

それによってどんな人生を歩む事ができるのか?

それは本当に自分が望んでいる人生なのか?

 

本気で自分に質問してみると明確に応えられない人がほとんどではないだろうか?

 

この問いかけては自分で答えていく作業を1日かけて行う。

 

足りない人は23日かけてもいいと思う。

そうすれば本当に好きなこと、やりたいこと、やらなければならないことが見えてくる。

 

自分探しとは放浪の旅に出る事が目的になっている人がたくさんいるが

本来は本気で自分と向き合う事を意味しているのだ。

 

■やりたいこと・好きなことは継続できる

やりたいこと・好きなことは継続できる

本気で考えて本当にやりたいこと、すきなことが確認できたのであれば

次にそれを行動に移すためのプランを作らなくてはならない。

 

人は考えるまでは簡単に出来るが、行動に移すことがなかなか出来ない。

行動する為にはプランが必要になってくる。

それも理想ばかりを追い求めたプランでは無く

かなり現実的な実現可能なプランだ。

 

長期的な目標から短期的な目標まで決めてから

1週間1日単位で達成する為に必要なタスクを作っていく。

無理のないスケジュールで毎日続ける事が大切だ。

 

ここまで準備ができれば、あとは

やりたいことや好きなことに繋がる目標だから

自然と楽しんで行動できるし継続できる。

 

■100倍得する人生が待っている

100倍得する人生が待っている

自分探しの為に旅に出たり、ひきこもってマイナスな感情を発散する事も大切だが

自分自身と向き合う時間を利用して、これからの人生どう生きたら幸せな人生を送れるのか

一度真剣に考えてみるだけで運命は大きく変わる。

 

考えただけでは継続出来ないから、しっかりと目で見えるようにプランを立てて

実現可能な範囲で必ず行動できるようにすれば

昨日までの自分から毎日少しずつ成長する事ができるだろう。

 

その積み重ねによって10年後20年後に今よりも100倍得する人生が待っている。

なんでも何も考えずに毎日を過ごしていたら、ただ時間が過ぎていくだけ

その万人に与えられた時間を考えて行動する事が人生を変える一番の方法だと僕は思う。