マーク・ザッカーバーグの成功への道のり ~フェイスブックは人と人とのつながり方に革命を起こした~

フェイスブックの創始者マーク・ザッカーバーグのことを知らない人はほとんどいないだろう。

世界77カ国、ユーザー数20億人、4人に1人がフェイスブックを利用していて年商は1兆円を超える。

 

世界中で利用できるオンラインサービスは、インターネット上で友達と交流を深めることができ

登録している一人一人が掲載した日記や写真から近況をチェックしたり

直接の友達だけでなく、友達の友達、そのまた友達とつながりがどんどん広がっているシステムが特徴的だ。

この利用者数の数から効果が絶大な広告媒体として、莫大な広告収入を得る仕組みになっている。

 

このフェイスブックを創り上げたマーク・ザッカーバーグは

「人と人とのつながり方に革命を起こした」と言われている。

 

そんなフェイスブックは驚く事にマーク・ザッカーバーグが大学生の頃

わずか19歳の時に作り上げられたものだった。

 

世界を変えるような革新的アイデアはどこからきたのか。

マーク・ザッカーバーグという人物はどのようにして生み出されたのか。

フェイスブックが出来るまでの成功への道のりについて話していきたいと思う。

 

■親の教育はやはり偉大だった

親の教育はやはり偉大だった

マーク・ザッカーバーグは1984514日生まれ、

歯科医の父親に精神科医の母親、3人の女兄弟の6人家族、

裕福な家庭で唯一の男の子だったマークは大切に育てられた。

 

マークがやることは何でも褒めるし、行動全て受け入れるくらい甘い環境だったが

唯一、父親は彼が何かを始める時には厳しく本気度を見極めてから行動を促していた。

例えば「友達がバスケットボールを始めたからバスケットボールを買ってほしい」と言うと父親は断固として反対し

マークが「自分が強くなりたいからフェンシングをしたい」と言った場合、次の日にはフェンシング一式をプレゼントした。

父親は息子に周りに流されて何かを始めたりするような人間にはなってほしくなかった。

だから、自分の意志で本気でやりたいという本気度を感じた時には惜しまず投資したのだという。

 

また、父親は1980年代にはあまり普及していなかったパソコンをいち早く取り入れ

コンピュータは必ず世界を変えるツールとなる事を12歳のマークに伝えていた。

パソコンが暮らしに欠かせない存在になるなんて想像も出来ない時代から

普及していなくてどれだけ使いにくかったとしても、パソコンの重要性について説明し続けたのだ。

そんな父親の姿をマークは一番近くで見続けていた影響もありコンピュータに夢中になっていった。

パソコン専門の家庭教師も雇い、明確な課題を与えることでどんどんスキルが伸びていく。

1年後には家庭教師は教える事が何もなくなるくらいの速度で急成長していったのだ。

 

マークは学校の勉強も優秀で、高校で勉強する事はすべてクリアしたから学校を辞めさせてほしいというほどだった。

その言葉を聞いた父親はマークにこう伝えた。

「学校は勉強をする為に行く場所じゃない。人と人とのつながりという人生で一番大切な事を学ぶ場所なんだ。

どんなに優秀でもそのつながりを忘れては幸せになれない」

そう言って高校を辞めるのではなく、さらに偏差値の高いエリート高校へ入学して3年間高校生活を過ごした後に

世界大学ランキング1位の名門ハーバード大学に進学する事となる。

 

■マークが開発したソフトはフェイスブックだけでは無かった

マークが開発したソフトはフェイスブックだけでは無かった

マークが18歳の時にシナプスメディアプレーヤーというソフトを開発した。

そのソフトはユーザーが聴く音楽の好みをコンピューターが自動的に学習して、

ユーザーに合わせた曲を推薦して再生するという当時には画期的なシステムだった。

 

シナプスメディアプレーヤーを発表してわずか数日で何千人ものユーザーが登録するようになり

さらに驚くことにマイクロソフトからそのソフトを1億円で買い取りたいというオファーが来たのだ。

だが、マークはそのオファーを拒否した。

シナプスメディアプレーヤーは、誰にでも役立つものとして開発したもので

お金儲けのために作った分けでは無い為、売るつもりは無いと言って断ったのだ。

そうして、シナプスメディアプレーヤーを誰でも使えるフリーソフトにした。

 

「コンピューターは人の為に役立てる道具」

父の教えが、そのようにマークを行動させたのだ。

 

その他にも、大学生の友人がライバルに負けたくないから

その人がどの講義を受けているのか教えてほしいという相談を受けると

たった一晩でコースマッチというソフトを開発し

誰がどの講義を受けているのか一目で分かるようにするなど

人の役に立つと分かれば、すぐに行動に移したのだ。

 

そのようなシステムを次々と構築していく中で、フェイスブックを立ち上げることになる。

最初はハーバード大学限定で開始。オープンからわずか5日で1000人近くもの人が登録。

3週間後には6000人もの人に広がった。

そこから他の大学からもフェイスブックを利用したいという声が殺到

ユーザー数がどんどん増えていく共にフェイスブック社を設立。

5年後には年商480億円の企業へと成長し、さらに3年後には株式上場も果たした。

 

そうして世界一のネットワークを持つ大企業となったのだ。

 

マーク・ザッカーバーグは若くして偶然成功したように勘違いしている人もたくさんいるが

父親の教えを忠実に守り、人の役に立つ為に考えて多くのサービスを提供し続けた結果

今の成功を手にしている。

フェイスブックを設立した後も、その当時売上が0円だったインスタグラム社を莫大な金額で買収し

さらに事業を拡大させるなど、時代の先を読む力は今の経営者達の中でも群を抜いている。

 

SNSの利用が欠かせない現代において、今後のフェイスブックの動きは

時代を左右する動きと言っても過言では無い。

マーク・ザッカーバーグの理念が世界を動かし、より人々の暮らしが豊かになっていく事は必然であり

今後も注目していかなければならない企業であることは間違いない。