ココ・シャネルはファッション業界に革命を起こした

ココ・シャネルは誰もがしっているブランド「シャネル」の創始者だ。

彼女は女性の生き方やファッションに革命を起こした。

今の時代には考えられないくらい女性が生きていくのには難しい時代に

自らの力で運命を切り開いていったのだ。

 

彼女の人生から数多くの女性が勇気を持ったに違いない。

また、女性だけではなくて男性も彼女の生き方に勇気や希望をもらった人は多いと思う。

 

そんな彼女がどのようにして、シャネルというブランドを立ち上げたのか。

どんな想いがあり、今もなお一流ブランドとして愛され続けられているのかまとめてみた。

 

■シャネルが生きた時代は過酷だった

ココ・シャネルは1833年にフランスで誕生した。

幼くして母が亡くなり、父親は彼女と彼女のお姉さんを施設に預けてしまい

両親のいない辛い幼少期を過ごした。

 

幼いながらにそんな状況をどうにか打開しようと自らの力で生きていく事を決意。

最初は「ココ」という名前でキャバレーで歌を歌いながら暮らし、

その時からパリで帽子のデザインで起業する事を考えていたという。

プレゼント

友人たちに帽子を作ってプレゼントしていたそのデザインは

当時のスタイルでは考えられないものだった。

当時の一般的な帽子は飾り付きで大きいものばかりだったのだが、

彼女が作る帽子は目や顔を隠さない大胆なスタイルにしたのだ。

 

おそらく、その時から疑問に思っていた女性の格差や実用性を兼ねた

彼女独自のアイデアを前面に押し出したデザインだったのだと思う。

 

帽子の他にも洋服もデザインしていた。

当時はコルセットが当たり前で、ウエストが細ければ細い程魅力的とされていた時代。

ドレスは動きにくく、服も実用的では無かった。

彼女が作る服は女性的では無く中世的な、その当時では考えられないようなデザインだった。

どちらかというと男性に近いような動きやすい服を作っていったのだ。

 

色も当時は喪服のみで使っていた黒を積極的に使い、シンプルなスタイルにする事で

女性の自立をファッションから推し進めていった。

 

■ファッション業界に革命を起こした

このように当時には誰も考えつかなかった発想で、彼女は女性の心をつかんで成功を収めた。

だが逆にそれが受け入れられたという事は、ほとんどの女性がシャネルと同じ気持ちだったとも言える。

身体全体を覆うようなドレスを着て、コルセットを付ける事で動きにくく苦しい想いをしながら

首を回すのも大変な帽子で男性に気に入ってもらえるように生きる女性達。

 

誰もが動きやすい服を着たいし、コルセットなんてしたくない。

相手の顔も見えないような大きい帽子も被りたくないし、

男に媚びを売るような他人任せの人生なんて送りたくない。

 

そんな女性全員の気持ちを背負い、ファッションというツールを使って

一大革命を起こしたのがココシャネルだった。

女性の社会進出

その時代、女性が社会進出する事で批判があったり辛い思いもたくさんしたと思う。

今の時代に起業するよりも大変な場面もたくさんあっただろう。

そんな環境の中、それに臆せず立ち向かった。

けっして恵まれた環境ではなかったにも関わらず、道を切り開いていった彼女の勇気は

今の女性も共感した人は少なくないと思う。

ココ・シャネルがいなければ、今のようなファッションは生まれていなかったとも言われている。

 

女性ファッションのすべての原点を作った彼女から学べる事はたくさんある。

今回は簡単にまとめてみたが、実際に調べるとさらに過酷な状況や彼女の生き様について知る事ができる。

これを機会にココ・シャネルについて調べてみるといろんな気付きに繋がると思うので

是非、一度彼女について学んでみてください。