起業準備で大変だったこと

画家の方々と協力して起業する時のビジネススタイルの構築

ObeOlys & co(オーブオリースアンドカンパニー)では

「ロココロ」という複製画を用いたインテリアを販売している。

ビジネススタイルとしては、単純に物販をしているように思われるが

このインテリアを販売している目的は別にある。

それは、「芸術家支援」と「芸術の普及」という2点である。

続きを読む

起業する時にアイデアを形にする方法

起業する為のアイデアが思い浮かんだら、あとはそれを形にするだけ。

でも、形にすることが一番時間がかかる。

ビジネスモデルが無ければ、自分で作らないといけない。

物を販売するのであれば、取引先を探さないといけない。

人脈が無ければ自分で見つけるしかない。

 

じゃあ僕がどうやって商品化していったのかを伝えていきたいと思う。

続きを読む

起業家の人との接し方

自分で事業をしているとモチベーションを保つ事がどれだけ難しいかが分かる。

モチベーションを保てていない時に人と話していると

話している相手のモチベーションも下げてしまう事もある。

それだと人は集まってこない。

続きを読む

起業家は慌てない決意をしなければいけない

人は未来に向かって突き進んでいる。ように感じるが実際は時は勝手に流れていて

未来は向こうからやってくる。

冒頭から哲学的な入りになってしまったが、

何もしなくても顔に皺は増えていくし、周りの景色や環境は変わる。

動かなくてもいろんな事が起こるし

動くともっといろんな事が起こる。

続きを読む

起業家になる為の心構え

起業家とは特殊な存在だ。

日本人のほとんどは会社に雇われている。

なぜ雇われている人が多いのかというと、その方が楽だからだ。

続きを読む

誰でも起業家になることができる

起業家は特別な才能がなくても誰でもなることができる。

それはどんな分野においてもそうなのだが

今は「信頼」の時代。

人が人を選び、信頼のおけない人の周りからは人がいなくなっていく。

良い悪いの判断が正しくできるのであれば

全て良い方を選択する人生を送る事が起業家への近道だ。

続きを読む

人生は点の積み重ね

一般的に起業するなら結婚する前にした方が良いと言われている。

僕も起業する前はそう思っていた。

でも実際はその逆で、結婚していたから起業する事ができたと今では思っている。

続きを読む

ありがとうと言われる仕事をする

創業当初は会社の信用もなく、一緒に仕事をさせていただく画家さんも少なかった。

何度も「この事業をすることで誰かの役に立つのか?」

「この仕事で家族を食べさせていくことができるのか?」

そんな不安な気持ちになることがあった。

続きを読む