画家はブログを活用してSNSを連動させる方法を身につけた方が圧倒的に有利

画家という職業はブログを活用してSNSを連動させる方法が

他のどの職業よりも効果を発揮する事を知っていますか?

 

画家は社会からするとまだまだ不安定な職業として見られている。

でも「画家」という言葉を知らない人はいない。

周りで「画家として活動している」という人がいたら

絵を描きながら収入を得ていることに対して「すごいな」と思ってくれる人がたくさんいる。

 

画家は数ある職業の中でも「応援されやすい」職業なのだ。

 

誰だって自分が持っていないスキルを持っている人に対しては

「尊敬」や「羨ましい」といった感情を抱きやすくなる。

子供の頃はみんな絵を描いていて、うまく描ける子がいたら

周りからヒーローのような存在になっていた。

 

そうした経験から、誰にでも絵は描けるけど

誰よりもうまく絵を描けるスキルがある人に対しては

自分と相手の差がはっきりしていて分かりやすく

多くの人から「すごい」と思ってもらいやすい傾向がある。

 

こうした多くの人から応援してもらえる画家は

情報発信としてブログを活用してSNSを連動させる方法を

最大限活かすことが出来る職業だと言える。

 

■ブログもSNSも戦略的に運用する

ブログもSNSもただやみくもに始めればいいという訳では無い。

全てを連動させる為には、しっかりとしたコンセプトを設定して

自分を売り込む方法(戦略)を考えなければならない。

 

ブログを運営するにはGoogle(グーグル)の特性を勉強しなければならなかったり

フェイスブック、インスタグラム、ツイッターなど

同じように見えて属性が違うから、それぞれ使い方は全然違ってくる。

 

それにプラスしてネットショップや様々なサービスを利用して

オリジナル商品を販売しようと思っている人は

導線が出来ていないから当然売れる事は無い。

 

また、クラウドファンディングといった方法も今ではメジャーになっている。

応援者を募る事で自分の成し遂げたい目標に必要な資金調達をする。

これもブログやSNSを利用しないと成功の確率は格段に下がるだろう。

 

無料で利用できるサービスがこれだけたくさんあったとしても

それを上手く使いこなせなければ、活動していても労力だけが増えていくだけ。

 

事前に自分の商品や自分自身をどのように売り込んでいくのかについて

真剣に考えて戦略を立てなければ失敗すると思っていた方がいいと思う。

 

■売れる導線づくり

最初にコンセプトとターゲットを決める。

年齢、性別、地域など、どのような人をターゲットに集客をしていくのか。

その集めた層の人達へどんな価値を提供することが出来るのか。

コンセプトを決めて、それに合わせてターゲットに照準を合わせた戦略を立てれるように準備をする。

 

ブログだとSEO対策をしながら、ターゲットに合わせた検索キーワードを調べないといけない。

インスタグラムは定期的に配信できる画像を準備する。

ツイッターもコンセプトに合わせた情報発信が必要になり

フェイスブックもそれと連動させた内容で配信し続けながら

全てフォロワー数をアップさせていかなければならない。

 

自分の商品や自分自身のファンをつくる為には

ただ単に日常の写真を投稿していても誰も興味なんて持ってくれないから

ある程度見る側が毎回楽しみにしてくれるような画像や情報発信が必要だ。

 

そうした地道な作業を最初に構築していく事が大切で

ただやみくもに情報を発信し続けたところで結局中途半端に終わってしまう。

最初の1年間はそうした下積みが必ず必要になってくる事は覚悟しておいた方が良いと思う。

 

でも、一度そうした導線をつくってしまえば、あとは勝手に人が集まってくるようになる。

 

■集客できる環境の実現

集客できる環境が出来れば自由な時間が手に入る。

画家にとって絵を描く時間が多くなる事は

画力向上に繋がったり、多くの作品を生み出す原動力にもなるだろう。

 

日本で画家として活動できない大きな理由が収入が得られない事だ。

 

そうした環境をつくる為にはかなりの時間がかかるが

生涯画家として行動すると決めたのであれば

後々の事を考えると最初に環境づくりから始めた方が

創作活動に費やす時間をより多く得る事が出来る。

 

そのノウハウについては情報が膨大の為まとめるのに時間がかかってしまっているが

まとまり次第ブログの中で配信していきたいと思う。

コメント

Comments are closed.