不安な気持ちを抱えやすい人の方が不安な気持ちを感じない人よりも仕事が出来る

不安な気持ちを抱えやすい人は仕事が出来る人が多い。

逆に不安な気持ちを感じない人は仕事があまり出来ない人が多い。

 

多くの人は不安を抱えているとストレスが溜まって心や身体が疲れてしまう為

不安に対してあまり良いイメージを持っていないと思う。

毎日の不安が無くなればいいのにと思いながらも

その不安を無くそうとすればする程、不安が多くなり仕事がうまくいかなくなる。

 

そうしたマイナスなイメージから不安という感情に対して

避けようとする人が多く、うまく付き合っていこうと思う人は少ない。

実際不安という感情は避けるのではなく、うまく付き合っていく思考にシフトすれば

自分が思っている以上に力を発揮してくれる感情に変化してくれる。

 

今回は不安な感情とうまく付き合っていく方法について説明していきたいと思う。

 

■あなたはどっちのタイプ?

あなたはどっちのタイプ?

不安な気持ちを抱えやすい人には2つタイプがいる。

 

「不安があったから仕事がうまくいった」と考えるタイプか

「不安があったから仕事がうまくいかなかった」と考えるタイプだ。

 

この思考の違いはすごく重要だ。

考え方が変われば行動が変わり人生が変わると言われているが

まさにその通りでこの考え方だけを変えるだけでかなりの効果がある。

 

実際に仕事がうまくいかなかった事を不安のせいにしている人よりも

不安をどんな時でもポジティブな方向に転換出来る人の方が

周りや上司からの評価が高く、収入にも違いが出ている事が分かっている。

 

不安をただ不安な感情とだけ捉えるのではなく、

「不安があるから頑張ろう」とか「不安があるからあの時力を発揮できた」といった

仕事をするスタンスとして不安の感情を仕事の前後で

肯定できる思考に切り替えられるかどうかがすごく重要なのだ。

 

■不安な感情をうまく利用する

不安な感情をうまく利用する

不安を抱えている時に、そのストレスに押しつぶされてしまう人は結果が良くならない人が多い。

不安な感情はどうせ消す事は出来ないのだから、そのストレスを感じている事実を受け止めて

その不安を力に変えようと考え方をシフトさせる事が大切。

 

仕事がうまくいくかいかないか不安な時は「不安があるから仕事を進める原動力になっている」と考え

仕事が実際にうまくいった後は「不安な気持ちがあったから仕事がうまくいった」と考える。

どちらも不安がある事を肯定していて、これを毎回繰り返す事が重要になってくる。

 

人の心は慣れさせる事が大切で、不安な感情をポジティブな考え方にシフトさせる癖をつけなければならない。

それによって成功体験を多く積み重ねていく事によって

不安な感情を利用しながら力に変えていく方法を心で学ばなければならないのだ。

 

この方法を身につければ、不安な感情になった時も

考え方をポジティブな方向にシフトして落ち着いて対処できるようになる。

マイナスな感情でもうまく付き合っていく方法を知っていれば、強力な味方になってくれる。

 

不安な感情が邪魔をして仕事で成果が出なかったり、うまく付き合えていなかった人は

考え方を変えてみると今まで以上の力を発揮できるようになるかもしれない。