AmazonGo(アマゾンゴー)を知ってる?未来が近づく画期的なテクノロジー

あなたはAmazonGo(アマゾンゴー)を知っているだろうか?

AmazonGoは簡単にいうと「無人コンビニ」だ。

今の私たちにとっては画期的なテクノロジーによって未来が近づいてきたと実感できる技術を用いている。

 

スマホひとつあれば店員がいないのにも関わらずお店に入ってから

驚くほどスムーズに商品を購入することが出来る。

車の自動運転で活用されている技術を用いることで可能とした技術であり

お店のいたるところにセンサーを取り付けることによって無人化を実現した。

 

人がいないからこそ出来るサービスは「これからの未来が見れる」とオープン前から注目を集めていた。

開店してからも多くの来客で賑わっているが、レジに並ぶ必要が無い為混雑することは一切ない。

そんなAmazonGOの仕組みについて説明していきたいと思う。

 

■AmazoGoの仕組み

AmazoGoの仕組み

AmazonGoはまず店内に入るところから通常のお店とは違っている。

お店に入口にはコードを読み取る機械が並んでいて、スマホをかざしてQRコードを読み取ることで

入店することが可能となる。

そのQRコードはAmazonGoのアプリをインストールすればいいだけ。

 

あとはお店の中の商品を手に取り、お店のカバンや自分の服のポケット、手に持ったりしている状態で

お店を出れば自動的に会計が行われるという仕組み。

AmazonGoではこの仕組みを「Just Walk Out Tehnology」と言っている。

 

外から店内を見ることが出来たら、お店の中にいる人は全員万引きをしているような映る不思議な光景だ。

でも、これが未来のお店のベーシックになることは間違いないだろう。

 

ちなみに、手に取った商品はスマホ上にすべて表示されるようになっていて

間違っていれば自分ですぐ削除することが出来るようになっている。

商品購入後もエラーや商品に満足出来なかった場合も、アプリ内で「払い戻し」ボタンがあるので

簡単に返品を行うことが出来る。

現時点では、必ずしも商品の返品を行わなくてもいいという仕組みになっている。

 

■AmazonGoによって未来が変わる

AmazonGoによって未来が変わる

今まで考えても実現出来なかったテクノロジーが実現できる時代になった。

これによって無人なのにも関わらず万引きは一切無くなりロスが0になる。

人件費が減り、ロスが無くなるということは生産性が上がり

差別化を図る為に別のサービスを提供する店舗も増えてくるだろう。

 

現にAmazonGoではレジに人がいないだけでまったくの無人という訳では無く

デリアイテムを店内で調理して提供している。

調理場をオープンキッチンのように見せる事で手作りで健康的な食べ物を好むアメリカ人に

新鮮な料理を作っているお店というアピールが出来るのだ。

 

日本のようなコンビニに導入すれば商品の在庫・鮮度チェックと品出しくらいで

その他に人の手が必要とする部分はなくなる。

その浮いた人件費を使ってAmazonGoのように手作りを提供するお店にしてもいいのだ。

 

ただ単にAIが雇用を奪うようなイメージになりがちだが、

生産性が上がる代わりに人の手を使った1ランク上のサービスが期待できるようになる。

AIと人間の共存はすでに始まっていて、その未来についていく為には

こうした情報を常日頃からチェックしていなければならないのだ。